「クリスマス何がほしい?」と彼氏に聞かれたときのNG回答9パターン


彼女へのクリスマスプレゼントは、彼氏にとって楽しくも頭の痛い悩みです。「何がほしいの?」という質問の答えによっては、彼氏を萎えさせたり、余計に困らせたりしてしまうので、相手の立場に立って答える必要があるでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『クリスマス何がほしい?』と彼氏に聞かれたときのNG回答」をご紹介します。

  • 【1】「なんでもいいよ」など具体的なモノを挙げない

    「本当に何でも喜んでくれるなら苦労しないけど…」(20代男性)というように、何のヒントも与えないと彼氏の悩みは解消されないようです。具体的なモノを指定することに抵抗があるなら、「会社にもつけていけるピアス」などと方向性だけは示してあげましょう。

  • 【2】「お金」など身も蓋もないことを言う

    「現実的すぎて気持ちが萎えてしまう」(20代男性)というように、お金をほしがると、いくら本音であっても彼氏をドン引きさせるようです。お金があったらどんなものが買いたいのかを考えてみると、「新しいコート」など彼氏に納得してもらえそうな答えが出てきそうです。

  • 【3】「当ててみて」など難題を出す

    「質問に質問で返さないで!」(10代男性)というように、これは「女子特有の面倒くさい回答」に分類されるようです。彼氏の自分に対する理解度を測りたいなら、「あなたにお財布を選んでもらいたい」などと、ある程度絞り込んだうえで見極めてはいかがでしょうか。

  • 【4】「安物でいい」など暗に期待していないと匂わせる

    「お金はないけど、そんな言い方しないでほしい」(20代男性)というように、遠慮から「安い物」と答えると、頑張り屋の彼氏を凹ませてしまうかもしれません。彼氏の経済状況を慮るなら、「スマホケース」など比較的安価で選択肢も多いものを指定してあげましょう。

  • 【5】「フライパン」など生活に密着した日用品をほしがる

    「今ほしいモノを聞いてるわけじゃないんだけど(苦笑)」(20代男性)というように、クリスマスにはある程度特別なものを贈りたいと考える男性が多いようです。持ち歩く頻度が高いものを中心に洗い直すと、「パスケース」など理想的な答えが出せるでしょう。

  • 【6】「ブランドバッグ」など分不相応な高級品をねだる

    「金づるにされてる気がします」(10代男性)というように、高いものをほしがると、彼氏に「たかられている」と感じさせてしまうかもしれません。どうしてもほしければ、「長く使えるものを贈り合わない?」と提案して、彼氏にも高級品をプレゼントしましょう。

  • 【7】「サプライズがいいな」などハードルを上げる

    「凝った演出をするのは苦手で…」(20代男性)というように、「サプライズ」はプレゼント選びの時点で悩んでしまう彼氏には少々難易度が高いようです。「ステキなレストランで食事がしたい」程度のリクエストから、徐々にレベルアップを狙いましょう。

  • 【8】「廃盤になったレコード」など入手困難な指定をする

    「探し回っても見つからなくて途方にくれました(苦笑)」(20代男性)というように、具体的なモノを指定したせいで、余計に彼氏を困らせてしまうケースです。あえて難しいお願いごとをして「かぐや姫」気分を楽しみたいなら別ですが、限定品なども避けるのが優しさではないでしょうか。

  • 【9】「自由な時間」などムードをぶち壊しにする

    「気持ちはわかるけど、そういう答えがほしいんじゃない」(20代男性)というように、ポロリとこぼれた本音は、彼氏を一気に現実に呼び戻す威力があるようです。「温泉でゆっくりしたい」などの言い方なら、ムードを壊さずリフレッシュしたい気持ちも伝えられるでしょう。

「ヒントは多く」「値段は高すぎず、安すぎず」が、理想的な回答のようです。事前に二人で買い物デートに行くと、好みの傾向も自然とわかってもらえるのではないでしょうか。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock