デート中、「あ、この子、男慣れしてるかも」と感じる瞬間9パターン


恋愛経験が少ない男性は、「場慣れ」している女性に気後れしてしまうことがあるようです。奥手そうな男性とデートすることになったら、少しは配慮してあげたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「デート中、『あ、この子、男慣れしてるかも』と感じる瞬間」をご紹介します。

  • 【1】不意打ちで手をつないだのに、まったく動揺する様子がなかったとき

    「もうちょっと『え!』みたいな顔されるかと思ったんですが…」(20代男性)というように、手を握られても驚く素振りさえ見せないと、男性をがっかりさせてしまうようです。「予想通り来たな…」と思ったとしても、少しはびっくりしてみせたほうがよさそうです。

  • 【2】さりげなく肩に手を置くなど、ちょくちょくスキンシップを仕掛けられたとき

    「こっちはドキドキしまくりなのに、女の子は普通みたいで…」(10代男性)というように、タッチがあまりにこなれた感じだと男性は怖気づいてしまうようです。うっかり元カレにしていたのと同じように馴れ馴れしく触ることがないようにしましょう。

  • 【3】デートスポットで「ここに来るの何回目だろ?」とつぶやくのを聞いてしまったとき

    「感動ゼロってことですよね?」(10代男性)というように、同じ場所に別の男性とのデートで来たことがあるのを知られてしまうのもよろしくないようです。そのスポットの情報に詳しすぎても、「あ、誰かと来たんだ…」と悟られてしまうので、余計なことはしゃべらないほうがいいかもしれません。

  • 【4】何気ない会話のなかで、元カレや男友達の名前が頻繁に飛び出したとき

    「ほかの男の影がチラチラしすぎて嫌です」(10代男性)というように、デート相手以外の男性を話題に出しすぎて、興ざめされるパターンです。特に誰かをファーストネームで呼ぶと親密そうに思われるので気を付けましょう。

  • 【5】電車やバスで隣り合って座ったら、自然に身体をすり寄せられたとき

    「こっちは心臓バクバクだったんですが…」(10代男性)というように、何の気なしに身を寄せただけでも、肌が触れあうことに抵抗がないくらい男慣れしていると思われてしまうようです。初デートなどの段階では、あえて少し遠慮がちに座ってみてはいかがでしょうか。

  • 【6】ドアの開け閉めなどで、レディファーストが不十分だとダメ出しをされたとき

    「誰かと比べているんだなって思いました」(10代男性)というように、たとえ相手のエスコートがいまいちでも、それをはっきり指摘するのは善し悪しのようです。彼氏を調教するノリでダメ出しするのは、実際に付き合い始めてからにしましょう。

  • 【7】夜に暗がりでふたりきりになっても落ち着き払う姿を見たとき

    「こういうこと何度もあったんだろうと疑ってしまいます」(20代男性)というように、夜道で妙な雰囲気になっても動じない様子から、「経験値の高さ」を見抜かれてしまうケースです。こうした場面では、わざとらしいくらいに動揺してみせるのが正解かもしれません。

  • 【8】自分の部屋に招いたら、意外と普通に寛いでいたとき

    「『結構、片付いてるじゃん』といってソファに腰かけて…こなれた感じでした」(20代男性)というように、男性の部屋でリラックスしすぎるのも考えものです。「そわそわと落ち着かない」、「置いてあるモノを珍しそうに見る」などのリアクションが適切でしょう。

  • 【9】キスをしたら「やっぱりここで来たか…」という顔をされたとき

    「目を閉じていたけどドヤ顔っぽくて怖いと思った」(20代男性)というように、キスの予感が的中したからといって、満足げな顔はしないほうがよさそうです。「え!ここで!?」という反応をみせることで、男性の期待に応えましょう。

デート相手の男性の恋愛経験が少なそうな場合は、初恋のころを思い出して、できるだけウブなリアクションをしてあげるといいかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock