彼氏をキュンとさせる「仲直りをお願いするセリフ」9パターン


カップルに喧嘩はつきもの。しかし、仲直りの仕方次第では二人の距離が逆に縮まることもありそうです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「彼氏をキュンとさせる『仲直りをお願いするセリフ』」をご紹介します。

  • 【1】「嫌いになろうと思ったけど、無理」と泣き顔を見せる

    「本気の泣き顔だったので、こいつは一生俺が守ると誓った」(20代男性)というように、大喧嘩をしても好きな気持ちに変わりはないと必死に訴える姿は、彼氏の心を動かすようです。「泣きすぎてティッシュ一箱使い切っちゃった」などと付け足せば、本気度が伝わるかもしれません。

  • 【2】「好きだから、やっぱり仲良くしたい」としおらしくする

    「向こうから下手に出てくると『しょうがないか』とほだされますね」(10代男性)というように、喧嘩を後悔していることをほのめかすと、ガードを緩めてもらえる可能性もあります。いいムードになったところで、自分に非がある点については改めて謝罪しましょう。

  • 【3】「もう私を泣かせるんじゃないぞ!」とプンプンすねる

    「ベタなぶりっ子アピールがかわいくて、ちょっと笑ってしまった」(20代男性)など、芝居がかったセリフでムードを変えるのも、仲直りに有効な場合があるようです。何種類ものぶりっ子セリフを用意しておけば、喧嘩のたびに飽きさせることもなく使えそうです。

  • 【4】「私も悪いところがあったかもね」と素直に反省する

    「謙虚な感じで謝られると『ああ、こっちも悪かったな』という気になる」(10代男性)など、ストレートな謝罪は関係修復への近道かもしれません。ここで、「あなたにも悪いところがある」などと余計な一言を繰り出すと、新たな火種になりかねないので、グッとこらえたいところです。

  • 【5】「大事にしないとどっかへ飛んでっちゃうぞ」とおどけてみせる

    「子どもっぽい言い方がかわいくて、いつまでも怒っているのがバカバカしくなった」(20代男性)というように、女子っぽいおどけ方は険悪な雰囲気を一掃させるようです。鳥のように羽を広げながら言えば、お笑いムードに持ち込めるかもしれません。

  • 【6】「ギュッとしてくれたら仲直りしてあげる」と目を見つめる

    「強がりながらも仲直りしたい気持ちが伝わってきて、たまらない気持ちになった」(10代男性)というように、ちょっと意地を張る姿も彼氏にはかわいく映ることがあるようです。もしギュッとしてくれたら、小さく「ごめんね」とつぶやいて、いじらしさ全開で喧嘩を終わらせましょう。

  • 【7】「こんどの日曜どこへ行く?」と素知らぬ顔でデートの予定を聞く

    「何事もなかったかのような態度が、逆にすがすがしくて拍子抜けした」(10代男性)など、あえて喧嘩には触れないというのも場合によってはアリでしょう。いっそ、恋愛映画にでも誘ってしまえば彼氏のほうから思わず「ごめんね」と言ってくるかもしれません。

  • 【8】「いまの私の気持ちはどれでしょう?」とクイズ形式で当てさせる

    「『むかついてる』『どうでもいい』『仲直りしたい』の3択で、簡単すぎるクイズだった」(20代男性)など、思わぬ変化球で迫るのも彼氏の不意を突きそうです。もし正解した場合は大げさにほめて、トゲトゲした空気を一変させてしまいましょう。

  • 【9】「やっぱりあんたやないと、ウチは女でいられへん」と関西弁でふざける

    「突然の関西弁にびっくりしたけど、ノリで喧嘩がうやむやになった(笑)」(20代男性)というように、お笑いの方向に誘導してしまい、揉めている件をどうでもよくさせるパターンです。しばらく関西弁でのやりとりを続けるうちに、お互いのイライラも収まるかもしれません。

ほかにも、彼氏をキュンとさせる仲直りのセリフはいろいろとありそうです。相手の一枚上をゆくセリフを考えてみてはいかがでしょうか。(石原たきび)
Photo:All images by iStock