聞きたくなかった!男性をドン引きさせる恋のぶっちゃけ話9パターン


恋愛ネタは、男女を問わず盛り上がる話題の定番ですが、だからといってなんでもかんでもぶちまけてしまうと、気まずい空気を招く場合があるようです。世の男性が「それはちょっと…」と引いてしまう恋の話とは、いったいどんなものなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「聞きたくなかった!男性をドン引きさせる恋のぶっちゃけ話」をご紹介します。

  • 【1】「やっぱり忘れられなくて」と、元カレへの想いを切々と吐き出す

    「ちょっといいなと思ってる子だとガッカリしますね」(10代男性)というように、未練がましい元カレ話のせいで、目の前にある恋のチャンスを潰してしまうパターンです。新たな出会いに希望をつなぎたければ、元カレトークは避けるべきでしょう。

  • 【2】「もう誰も好きになりたくない」と自暴自棄になる

    「え、そしたら俺がアプローチしても無駄なの?と暗くなりました」(10代男性)というように、恋愛に対してヤケになってしまうようでは、せっかく好意を抱いてくれた男性までも遠ざけかねません。人前で気持ちを爆発させても、何もいいことはないでしょう。

  • 【3】「前戯はちゃんと手順を踏んでもらわないと」とセックスの好みを細かく語る

    「『最高で○回したことも』と聞かされてゲンナリ」(20代男性)というように、リアルすぎる夜のぶっちゃけトークに固まってしまう男性もいるようです。Hネタを披露するなら、男性の夢を崩さない程度に留めたほうがよさそうです。

  • 【4】「理想の彼氏?最低で年収1千万かな」とハイスペックな条件を提示する

    「『25歳以上ならマンションくらい持ってないと』とか、何様!?」(20代男性)というように、収入や資産で男性の価値を計り、反感を買ってしまうケースです。身勝手な女だと思われたくなければ、「お金も大事だけど、やっぱり誠実なのがいちばん!」くらいに言葉を濁しておきましょう。

  • 【5】「三股ぐらいかけたけどバレたことはない」と悪女ぶりを自慢する

    「こんな女と付き合ったらひどい目に遭うぞと警戒信号MAXに(笑)」(20代男性)というように、浮気をしても悪びれない態度は、男性に不快感を与えるだけのようです。刺激が強すぎる黒歴史は封印するのが良いでしょう。

  • 【6】「奥さんがいても、好きになっちゃったら仕方がない」とモラルに反する恋愛観を打ち明ける

    「気持ちはわかるけど、略奪とかを肯定するのは間違ってる」(20代男性)というように、不倫も辞さない恋愛スタンスは、男性の理解を得られないかもしれません。過去に経験があったとしても、あまり公表すべきではなさそうです。

  • 【7】「付き合った人数よりエッチした人数のほうが多い」と奔放すぎる男性遍歴を暴露する

    「どんなにかわいい子でも軽蔑してしまう」(20代男性)というように、奔放すぎる告白のせいで、恋愛対象から外されてしまうパターンです。「恋愛に前向き」というよりも、単に「緩い女」だと思われかねないので気を付けましょう。

  • 【8】「正直、童貞はキモくて付き合えない」と辛辣な男性観をぶちまける

    「自分のことを言われてるみたいで不愉快」(10代男性)というように、性の経験値で男性を下に見るのもまずそうです。どんな言い方をしても品がいいとは思われないので、やめておきましょう。

  • 【9】「赤ちゃん…産みたかったんだけどね」とヘビーな過去を打ち明ける

    「自分を信頼して話してくれたのはうれしいけど…返す言葉が見つからなかった」(20代男性)というように、過去の恋愛で背負ったものを明かすのも、よしあしのようです。単に話を聞いてほしいのだとしても、相手の気持ちを考えましょう。

元カレや性遍歴など、恋愛にまつわるエピソードはどうしても生々しくなりがちなもの。どうしても誰かにぶちまけたいなら、女友達などに話して昇華させるのが得策でしょう。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock