不倫を繰り返す女性が既婚男性ばかり好きになってしまう理由9パターン


世の中には、「好きになる人がなぜか既婚男性ばかり」という女性がいます。不倫で幸せになれる可能性は低そうなのに、なぜいつも同じパターンに陥ってしまうのでしょうか。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「不倫を繰り返す女性が既婚男性ばかり好きになってしまう理由」をご紹介します。

  • 【1】奥さんがいるのでガツガツしておらず、余裕があるように見えるから

    「いい歳してフリーな人は焦ってて怖いから、既婚者のほうが安心」(20代女性)というように、既婚男性に大人の余裕を感じてしまうパターンです。しかしそれも、奥さんの存在あってのことなので、事の本質を見極めたいものです。

  • 【2】一度結婚していることで男性としての魅力が保証されているか

    「一度誰かに選ばれるほどの何かはあるんだ、と」(20代女性)というように、既婚男性を一種のブランドとして見てしまうパターンです。とはいえ、「学生時代のできちゃった婚」などの結婚理由も考えられるので、冷静に確認したほうがいいでしょう。

  • 【3】結婚していることで会社でも責任のあるポジションに就いているから

    「うちの会社の管理職クラスはみごとに妻帯者なんですよねー」(20代女性)というように、既婚男性は「仕事がデキる風」に見えてしまうパターンです。会社の方針として長く勤めてくれそうな既婚者に役職を与えているだけの可能性もあるので、スペックに惑わされないようにしたいものです。

  • 【4】奥さんを大事にしている様子から交際を具体的にイメージできるから

    「結婚記念日に早く帰ったりする男性には胸キュンします」(20代女性)というように、パートナーを大事にする既婚者が好意的に思えてしまうパターンです。もし心惹かれることがあっても、そんな2人の仲を壊していいのか自問自答するようにしましょう。

  • 【5】好きになってはいけないと思うとかえって盛り上がってしまうから

    「手に入らないものほど欲しくなりますよね」(30代女性)というように、道ならぬ恋だからこそ、ドラマの主人公ばりに燃えてしまうパターンです。「相手が既婚者じゃなければこんなに好きだったか?」などと客観的にシミュレーションしてみてもいいかもしれません。

  • 【6】既婚者だからと油断して会っているうちにいつのまにか好きになってしまうから

    「絶対に付き合うことはないと思って飲み歩いていたら…」(20代女性)というように、安心して長時間一緒にいた結果、好きになってしまうパターンです。「異性として生理的に無理!」と思えるくらいの相手でない限り、間違いは起こり得ると心しておきましょう。

  • 【7】既婚者ゆえダメ元でぐいぐいとカラダの関係を迫ってくるから

    「独身の人だったら、振られるのが怖くてこんなにアプローチしてこないですよね」(20代女性)というように、玉砕覚悟で強引に口説かれてその気になってしまうパターンです。おっさんにモテるタイプの人は、「簡単にヤレそうと見くびられているのかも?」と捉えて冷静になりましょう。

  • 【8】年齢的に周りを見渡すと素敵な男性はいずれも既婚者だから

    「こればっかりは仕方がない。30代になると特に!」(30代女性)というように、いい物件はあらかた売約済みのため、やむをえず既婚者に走ってしまうパターンです。かといって略奪婚にはリスクも伴うので、ここは地道にフリー男性を探るか、バツイチ狙いなどにシフトするのが安全策でしょう。

  • 【9】会えない時間が長い分、相手のことを美化してしまうから

    「相手の家に入り浸ったり、お泊まりデートが何日も続くと相手の嫌な部分も見えてくるけど、不倫だとそれがわからない」(20代女性)というように、都合のいいところしか見えないため、不倫にはまってしまうパターンです。相手が結婚生活の愚痴を言うのならば、むしろそっちが本当の姿だと思ったほうがよいかもしれません。

いずれにしても既婚男性は、条件面で恋愛に有利な部分があるようです。ゆえに最初からアドバンテージがあると見て、惑わされないようにしたいものです。(熊山 准)
Photo:All images by iStock