浮気してる?してない?白黒ハッキリさせるための誘導尋問9パターン


彼氏に怪しい兆候があっても、「浮気したでしょ!」とストレートに迫るのは考え物です。真相を暴きたいなら、遠回しな質問をぶつけて油断させたほうが、確かな手がかりに近づけるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「浮気してる?してない?白黒ハッキリさせるための誘導尋問」をご紹介します。

  • 【1】「いいことでもあったの?」と素知らぬ顔で尋ね、反応を見る

    「『なんか嬉しそうだね』と声を掛けて、相手がギクッとしたら要注意!」(10代女性)というように、「無邪気なおしゃべり」を装うと、こちらの意図がバレにくそうです。回答そのものではなく相手の表情に目を光らせて、次の一手を考えましょう。

  • 【2】「男は誰でも浮気すると思う?」と一般論に見せかけて意見を求める

    「『あくまで一般論』って強調して、浮気観を聞き出します」(20代女性)というように、男性全般に話を広げれば、浮気の話題も自然に取り上げやすいでしょう。「俺はしないけど!」などとわざわざ言い訳めいたことを言うようなら、疑惑を深めてもよさそうです。

  • 【3】「友達は別れるべきだと思う?」と友人カップルの浮気問題を取り上げる

    「浮気した側を必死に擁護する姿を見て、ピンと来た!」(20代女性)というように、他人のケースを持ち出して、彼氏がどちら側に自分を投影するかを観察する手もあります。「私なら絶対別れるのに…」などとさりげなく警告を発して、クギを刺したいところです。

  • 【4】「私に何か隠し事してない?」と狙いをぼかして探る

    「浮気の二文字を出さなくても、身に覚えがあるようなら自然にボロが出そう」(20代女性)というように、詳細は伏せたまま疑惑の目を向ける方法です。「何も!」とシラを切られても、全部お見通しかのように睨みを利かせれば、白状させられるかもしれません。

  • 【5】「今からそっちに行っていい?」と突然の訪問を持ち掛ける

    「『もう玄関前』って冗談で言ったら彼氏がめっちゃ慌てて、ショックだった…」(10代女性)というように、彼氏宅への「ガサ入れ」をほのめかすのも、切り札としては有効そうです。いざというときに思考停止してしまわないよう、最悪の事態を想定してから試しましょう。

  • 【6】「あのあと結局どこか行った?」と怪しい日の行動を聞き出す

    「友達の目撃証言と彼氏の言い分が食い違ってたら、徹底的に追及します!」(20代女性)というように、浮気したと思われる時期がわかっているなら、アリバイを調べるとよさそうです。嘘が下手な彼氏なら、答えながら目が泳ぐかもしれません。

  • 【7】「私がなんで不機嫌かわかる?」と怒りの原因を考えさせる

    「『心当たりあるよね?』と問い詰めたら、『すみませんでした!』といきなり謝られた…」(10代女性)というように、彼氏の罪悪感を刺激してすべてを吐かせる方法です。「全部バレてるのかも…」と上手に感づかせれば、逃げ道をふさげそうです。

  • 【8】「あなたの部屋にあったこのピアスは誰の?」と証拠をでっちあげる

    「浮気したのは間違いないのにとぼけるようなら、罠を仕掛けるのもアリかも」(20代女性)というように、「あとは本人が認めるだけ」の状況なら、大胆な手に出てもよさそうです。トラップだと見破られないよう、小道具や演技に細心の注意を払いましょう。

  • 【9】「まさか浮気なんてしてないよね?」と核心に迫り表情を読む

    「してない前提で優しく確認すれば、やましさが顔に表れるのでは?」(20代女性)というように、巧妙に真意を伏せながらであれば、ストレートな質問も効果的かもしれません。動揺、驚き、憤慨など、相手の顔に浮かんだ心情を見逃さないようにしましょう。

疑ってかかると、どんな回答も怪しく思えそうです。冷静に相手の反応を観察して、真実を探り当てましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock