愛する彼女には「できれば着てほしくない水着」9パターン


よその女性が着ている分には気にならない水着でも、自分の彼女となると話は別です。世の男性が「恋人にはNG」と思っている水着には、どんなものが挙げられるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「愛する彼女には『できれば着てほしくない水着』」をご紹介します。

  • 【1】露出が多過ぎる「Tバックやマイクロビキニ」

    「ほかの男にそんな部分を見せないでほしい」(20代男性)など、大事な彼女の肌は自分だけのものにしておきたいと考える男性は、やはり多いようです。たまに少し冒険してみたくなったとしても、彼氏の前ではおとなしめのデザインで我慢してあげましょう。

  • 【2】普段着と変わらなさ過ぎる「ワンピースタイプ」

    「水着姿が見られる!とワクワクして行ったのに、あまり地味なのもちょっと…」(10代男性)というように、あまりに水着っぽくないデザインだと、それはそれでがっかりさせてしまうようです。背中が大きめに開いているなど一味違うデザインのものを選べば、彼氏の気分もアガるかもしれません。

  • 【3】セクシー過ぎる「ハイレグやホルターネック」

    「なんだか浜辺の男たちに媚びを売っているように見えてしまいます」(20代男性)というように、色っぽ過ぎるスイムウェアも、いらぬ詮索を招きかねないようです。どうしても着たければ、買い物に付き合ってもらい、試着した姿を確認してもらうなどの根回しが必要でしょう。

  • 【4】意外に着る人を選ぶ「ハイウエストやショートパンツタイプ」

    「布面積が多いと、かえってスタイルの悪さが際立つ結果に…」(20代男性)というように、露出が控えめなハイウエストやショートパンツタイプの水着は、肌見せバランスによる脚長効果などが期待できないために、普通のビキニよりも着こなしが難しいかもしれません。ボディに自信がない人は避けるのが無難そうです。

  • 【5】体の線を隠し過ぎる「パレオやタンクトップ付き」

    「せっかくキレイにくびれているのにもったいない!」(20代男性)というように、自慢の彼女のボディをちょっぴり見せびらかしたい気分の男性もいるようです。彼氏の不満を少しでも感じたら、思い切ってパレオやタンクトップを外してあげましょう。

  • 【6】色気がなさ過ぎる「競泳用やスクール水着」

    「体育の時間じゃないんだから…とガッカリします」(10代男性)など、彼氏と会うのに泳ぐ機能に特化した水着を選ぶと、サービス精神ゼロだと思われても仕方がありません。水着を新調する余裕がないのであれば、この機に彼氏におねだりしてみるのもよさそうです。

  • 【7】派手過ぎる「スパンコール付きやアニマル柄」

    「夏らしく華やかに…というのはわかるけど、やりすぎると下品です」(20代男性)というように、柄や装飾も加減を考えないとセンスを疑われてしまうようです。夜の室内プールなど、シチュエーションに応じて光る素材を取り入れるような工夫なら「おっ!」と思われるかもしれません。

  • 【8】デザインが凝り過ぎな「貝殻ビキニや連体式水着」

    「正直、自分の彼女にそこまで最先端のものは求めてないです」(20代男性)など、どんなにファッション性が高くても、ビーチで悪目立ちしてしまうような水着では、彼氏を当惑させてしまいます。ほとんどの男性は、思った以上に保守的な生き物であると心得ましょう。

  • 【9】危なっかし過ぎる「チューブトップや紐パンツ」

    「いつ紐が解けるかと気が気じゃない」(20代男性)というように、「ポロリ」の危険がある水着は、彼氏を落ち着かない気分にさせてしまうようです。それでも挑戦したければ、万が一の事故を防ぐために万全の対策を練っておきましょう。

どうやら水着デートでは、露出し過ぎや覆い過ぎなど、極端なものほど歓迎されない傾向があるようです。彼氏の好みを事前にリサーチした上で、ちゃんと喜んでもらえそうな装いで臨みたいものです。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock