片想い中の女性が思わずやってしまう「イタい行動」9パターン


片想い中の女性は、意中の相手との接点を増やしたい一心で、ついおかしな行動に走りがち。それが行き過ぎると「イタい」と思われることもあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「片想い中の女性が思わずやってしまう『イタい行動』」をご紹介します。

  • 【1】通学(通勤)中に待ち伏せして、一緒に通学(通勤)する。

    「一緒にいたくて待ち伏せしたことも…今思えば怖い(苦笑)」(20代女性)など、一緒にいたい一心で行き過ぎた行動に出るケースです。何度も続くと偶然だとは思われにくいので、「1週間に一度」など限度を決めて、不自然でない回数にした方がいいでしょう。

  • 【2】メールがしたくて、わざと間違いメールを送る。

    「『間違っちゃった』→『ごめん』のやりとりだけでも嬉しかった」(20代女性)など、メールの頻度を増やすため、小細工をするケースです。間違いメールは気分のいいものではないので、素直に「用事はないけど…」と告白した方が好感度が高いでしょう。

  • 【3】用事もないのに男性の家や職場のまわりをウロウロする。

    「偶然会えないかと思って、つい…」(20代女性)など、相手の行動範囲を徘徊するケースです。偶然会えればいいですが、徒労に終わることがほとんどでしょう。また、ウロつく姿を相手に見られるリスクもあるので、控えた方がいいでしょう。

  • 【4】手編みのマフラーやお菓子をプレゼントする。

    「イタいなぁと思いながら、どうしてもあげたかった」(20代女性)というように、想いが募ってイタいプレゼントをしてしまうケースです。ほとんどの場合、彼女でもない女性からの手作りのプレゼントは精神的に重いもの。自制心を持ちましょう。

  • 【5】留守電の声を聞くために、出ない時間を狙って電話をかける。

    「直接話すと緊張するけど、声は聞きたくて…」(20代女性)と、声を聞くために電話をするケースです。出ない時間を狙っても、着信履歴は残ってしまいます。それよりは緊張しながらでも話した方が、今後のふたりの関係にとってはいいでしょう。

  • 【6】ブログを熱心に読み込んで、相手のことを知ろうとする。

    「ブログが唯一の情報源。1日3回くらいチェックしてた」(20代女性)など、情報源としてブログを読み込むケースです。熱心に読まれて悪い気はしないでしょうが、実生活での関係が深まっていない場合、相手の心情も微妙。それよりは、直接話す機会を増やした方がいいでしょう。

  • 【7】男性のことを想って、ポエムのような日記を書く。

    「片想い中の日記を読み返すと自分が怖い」(20代女性)というように、想いが募ってポエムのような日記を書くケースです。他人に見せるものではありませんが、現実離れしてしまう危険性があります。自分の世界の中だけで好意を募らせるのはやめた方がいいでしょう。

  • 【8】同じ持ち物を買って、勝手にお揃い気分を楽しむ。

    「彼とお揃いのペンを買ったことがある(苦笑)」(20代女性)など、ひそかにお揃い気分を楽しむケースです。偶然と思ってもらえればいいですが、相手に真意が伝わってしまった場合、ストレート過ぎる好意がイタいのも事実。グッとこらえた方が無難でしょう。

  • 【9】いい結果が出るまで相性占いをする。

    「相性が90%を超えるまでネットの占いを続けてしまった」(20代女性)など、自分の世界で相手との関係に自信を持とうとするケースです。相手に知られなければ構いませんが、所詮は気休め。それを忘れず、ほどほどにした方がいいでしょう。

ほかにも「こんなイタい行動をしてしまった」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock