ぽっちゃり彼氏に「夏までに痩せなきゃ!」と思わせる一言9パターン


薄着の季節になると、「ぽっちゃり彼氏」の贅肉が嫌でも目についてしまうもの。夏の水着デートまでにみっちりダイエットに取り組んでもらうには、どんな言葉でやる気を起こさせるのが効果的なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「ぽっちゃり彼氏に『夏までに痩せなきゃ!』と思わせる一言」をご紹介します。

  • 【1】「このお腹はないわー」とあからさまにガッカリしてみせる

    「『ベルトにお肉が乗ってる…』とドン引きされて、重い腰を上げました」(20代男性)というように、露骨に非難の目を向けて、彼氏のお尻に火をつける方法です。「ほっとけ!」などと逆ギレされても、「ほっとけない!」と頑として譲らない姿勢を貫きましょう。

  • 【2】「鏡に全身を映して見てみなよ」と現実を直視させる

    「彼女の部屋で全身鏡の前に引っ張り出されて、自分のぽっこり腹に驚愕!」(20代男性)というように、太めの体型を見過ごしている男性は、意外に多そうです。この機会に自宅に姿見を置くよう勧めると、つねにダイエットを意識してもらえそうです。

  • 【3】「あなたは鍛えたらイケメンの部類に入ると思う」とおだてる

    「『顔が引き締まったらできる男風になる』と言われて、一気にやる気が出た(笑)」(10代男性)というように、「痩せたらポテンシャルが開花する」とあおって、乗せてしまうのも手です。「いい感じになってきた!」などとこまめに褒めて、意欲を持続させましょう。

  • 【4】「私も一緒に食事制限するからがんばろう!」と力を貸す

    「『協力するから!』とゴリ押しされて、やらざるを得ないな…と観念しました」(20代男性)というように、サポートを申し出て、逃げ道をふさぐのもよさそうです。二人で力を合わせれば、挫折しにくくなるだけでなく、絆も深まって一石二鳥でしょう。

  • 【5】「元カレは腹筋がうっすら割れてて…」と競争心をあおる

    「元カレを引き合いに出されたら、こっちもやるしかないので…」(20代男性)というように、ライバルを設定して奮起させる方法です。スポーツ選手などが相手だと、「かなうわけないじゃん…」と戦意喪失させてしまいそうなので、身近な存在を挙げるのが無難でしょう。

  • 【6】「目標達成したら焼き肉をおごる!」とご褒美を設定する

    「あと1キロ痩せたらうまい肉が食える!と思いながら、キツイ運動を乗り切った」(20代男性)というように、彼氏の鼻先に人参をぶら下げて、踏ん張らせる方法です。逆に、「サボったらキスはお預け」などとペナルティを課すのも効果がありそうです。

  • 【7】「今日はどんな運動した?」と毎日しつこくチェックする

    「成果が出てないと『嘘の報告したでしょ!』と責められるので、真面目にやるハメに…」(10代男性)というように、怠け癖のある彼氏には、監視の目を光らせる必要がありそうです。ときには「偉い!」などと賞賛して、アメとムチを賢く使い分けましょう。

  • 【8】「鍛えないなら水着デートはナシ!」とお楽しみを封じる

    「『お腹ぷよぷよの彼氏とは海に行きたくない』と言われたその日から筋トレ開始!」(10代男性)というように、「夏デート中止」を匂わせて、危機感を募らせるのも効きそうです。途中で「こんな水着を買ったよ」などと期待値を高めて、中だるみを防止しましょう。

  • 【9】「努力すらしない人と一緒にいたくない」と別れをほのめかす

    「ここでまた面倒を先送りにしたら最悪の事態になるかも…と、さすがに焦った」(20代男性)というように、相手が手強い場合は、最後通告を突きつけるしかないかもしれません。心を鬼にして連絡を絶つと、「彼女は本気だ!」と痛感してもらえそうです。

彼氏の性格や太り具合によって、効果的な一言が変わってきそうです。この手がダメならあの手で…と知恵を絞りましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock