初対面で「彼女向きではないかも」と感じる女性の特徴9パターン


「人の彼女なら構わないけど、自分の彼女にするのはお断り」。初めて会った女性に対しても、そんな線引きをする男性は少なくないようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「初対面で『彼女向きではないかも』と感じる女性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】お金がかかりそうで敬遠したくなる「全身ブランドづくし」

    「付き合い始めた途端におねだりされそうで怖い(笑)」(20代男性)というように、高級ブランド品ばかりを身につけている女性に、散財させられそうなイメージを抱くパターンです。ブランド品はじゃらじゃら着けまくるより、1点程度にとどめたほうが万人受けするかもしれません。

  • 【2】男友達が多そうな気がする「いきなりため口」

    「『背、高いね。何センチ?』って馴れ馴れしく聞かれて。いつも周りにたくさん男がいるのかなって思っちゃいました」(20代男性)など、軽いノリで親しげにされて、引いてしまう男性もいます。初対面なら敬語が基本と心得たいものです。

  • 【3】遊び人にしか思えない「セクシーな服装」

    「平気で胸元を開けて歩くような女の子はちょっと…」(20代男性)というように、露出の多い装いは、歓迎されるどころか、奔放過ぎる印象でむしろ評価を下げてしまいそうです。下品だと思われたくなければ、「見えそうで見えないバランス」に抑えておきたいところです。

  • 【4】家族に紹介したくない「箸の持ち方が変」

    「仮に将来結婚した場合、子どものしつけがきちんとできるか疑問」(20代男性)など、食事の作法が怪しい女性は、将来の子育てのことまで不安視されてしまうようです。食べ方に自信がなければ、マナー教室などで習うのも一案でしょう。

  • 【5】あれこれ比べられそうで遠慮したくなる「二言目には元カレの話」

    「過去の男の話って、ちょっと聞いただけでもあれこれ想像してしまいます」(20代男性)というように、聞いてもいない昔の彼氏との思い出話で、聞く人をなんともいえない気持ちにさせるケースです。過去の華やかな恋愛遍歴は、強く求められない限り封印しておくほうが無難でしょう。

  • 【6】性格の悪さが垣間見える「毒舌気取り」

    「『あの金髪フグ野郎でしょー?』とか名づけのセンスは抜群。だけど、自分の彼女として友達に紹介するのは無理かも」(10代男性)など、遠慮のない暴言を吐く女性は、友達としては面白がってもらえても、「彼女」への昇格は難しいかもしれません。よほど親しくなるまでは、本音はしまっておきましょう。

  • 【7】いつか本性を現しそうな「ぶりっ子」

    「飲み会で甲斐甲斐しく料理を取り分ける子に限って、『女子会では何もしないのに』って言われてたりしますよね」(20代男性)というように、男性の前では気の利いたところを見せたがる女性も、疑いの目で見られてしまうようです。不自然なふるまいは避けたほうが、ボロが出にくいでしょう。

  • 【8】整理整頓が苦手そうな「レシートでパンパンの財布」

    「カードや紙類で財布の中身がぐちゃぐちゃだと、ガサツな子なのかなあと思います」(10代男性)など、身の回りのものがとっ散らかっているせいで、女子力の低さを見抜かれるパターンです。せめて財布とバッグの中くらいは整えてから外出しましょう。

  • 【9】あまり家事をしなさそうな「完璧なネイル」

    「あの爪でお米を研いだり野菜を切ったりするところが想像できない」(20代男性)というように、指先のお手入れに隙がなさすぎると、家庭的でない先入観を植え付けてしまうようです。爪に強いこだわりがない限り、おとなしめの単色ネイルのほうが好感度は高そうです。

なんだかんだいっても男性は保守的な生き物。あけっぴろげで豪快な女性よりは、慎ましやかで控えめなほうが第一印象は良かったりするようです。初対面では「素」の自分を抑えて、徐々に地を出していくと良いかもしれません。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock