同性だからわかる…「結婚できない女」にありがちなこと9パターン


「どうして私は結婚できないのかなあ…」と悩む人に限って、自分を客観視できていないもの。そんなとき、同性である女友達の目には、結婚を妨げる「原因」がはっきり見えていることがあるようです。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「同性だからわかる…『結婚できない女』にありがちなこと」をご紹介します。

  • 【1】結婚より優先してしまう仕事や趣味がある

    「そもそも本人の中で『結婚』の優先順位が低いんじゃないかと思います」(20代女性)というように、仕事や趣味に没頭するあまり、恋愛や結婚がおろそかになっているパターンです。なかなか煮え切らないようなら、「30歳の一年間は婚活に専念する」などと期間を決めてモードを切り替えると、思わぬ成果が得られるかもしれません。

  • 【2】実家で何不自由なく暮らしている

    「稼いだお金は全部お小遣いで、なおかつ身の回りはお母さんがやってくれるんじゃ、生活を変える気にはならないのでは?」(30代女性)というように、ぬるま湯状態の「実家」から出られなくなっているパターンです。危機感があるなら、一人暮らしを始めるなどして自立を目指したいものです。

  • 【3】自分はさておき男性への要求が高い

    「いい歳なのに感覚がちやほやされてた若い頃のまま!」(30代女性)というように、恋愛市場における自分の価値が正しく把握できなくなっているパターンです。自覚がないなら、婚活イベントなどに参加していかに選択肢が狭まっているかを思い知ったほうがいいでしょう。

  • 【4】恋愛体質なので結婚生活に向いていない

    「いつも激しい恋ばっかりしてる子は、落ち着くことなんて望んでいないように見えます」(20代女性)というように、結婚からほど遠い恋愛にかまけているパターンです。波瀾万丈な恋の果てに穏やかなゴールが設定されているのは稀だと肝に銘じて、今後の身の振り方を考えたいものです。

  • 【5】出会いのチャンスがあっても自ら逃げてしまう

    「男性を紹介しようとしてイベントに誘っても、腰が引けてるんですよね」(20代女性)というように、せっかくの出会いを避けてしまうパターンです。男性と接すること自体に苦手意識があるなら、恋人ではなく「ただの友達」を作るところから始めて異性との交遊に慣れましょう。

  • 【6】この辺で手を打っておくかという妥協ができない

    「いつまでも、もっと良い出会いがあると信じて夢見てる」(30代女性)というように、あきらめが悪すぎるパターンです。焦って決める必要もありませんが、致命的な問題点さえなければ、思い切って目をつぶるのも賢い選択ではないでしょうか。

  • 【7】金遣いが荒くて先が思いやられる

    「食べるものとか着てる服がゴージャスすぎて、いつも男性に引かれてる」(20代女性)というように、贅沢が染みついて男性側をびびらせてしまうパターンです。高級レストランや海外旅行のネタばかりSNSで披露してしまう人は、たまにB級グルメの写真でもアップしてバランスを取りたいところです。

  • 【8】結婚できる可能性が低い男性ばかりと付き合う

    「バンドマンとか既婚者とか、どう考えても不良物件ばかり!」(20代女性)というように、そもそも結婚からほど遠い男性と恋に陥りがちなパターンです。いい年齢になったら「これは結婚と繋がる関係か?」と自問自答したいものです。

  • 【9】女同士で足を引っ張り合ってチャンスをつぶしてしまう

    「結婚できない者同士の関係が心地よくなっちゃってる」(30代女性)というように、抜け駆けを許さない雰囲気の友達関係に絡め取られているパターンです。仲間に牽制される前に、「私、結婚するチャンスがあったら即飛びつくから!」と宣言しておくとよいでしょう。

いずれにしても、みなさん薄々勘づいている点ばかりだったのではないでしょうか。あとは黙って行動あるのみ。ご健闘を祈ります。(熊山 准)
Photo:All images by iStock