遠距離恋愛を始める前に彼氏の浮気を封じる呪い9パターン


相手の様子を間近で観察することができない遠距離恋愛中は、浮気が心配でたまらないもの。できれば事前に「浮気をすると大変なことになる」と彼氏に思い知らせておきたいところです。そこで今回は、10代から20代の 独身男性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「遠距離恋愛を始める前に彼氏の浮気を封じる呪い」をご紹介します。

  • 【1】「あなたが浮気したら私も浮気するからね」と「目には目を」作戦をちらつかせる

    「彼女に浮気されることを思うと、俺もやめとこうと思えた」(20代男性)というように、これ以上ないほどの復讐の方法を示して脅す作戦です。嫉妬深い彼氏ほど、確実に響くでしょう。

  • 【2】「信じているから」と繰り返し、ふと魔がさしたときも罪悪感が芽生えるように洗脳する

    「『あなたが浮気なんてするはずない!』とあまりに断言するので、いざしようとしても無理な気がしています」(20代男性)など、しつこい刷り込みが万が一のときの足かせになることもあるようです。二人が離れ離れになるその日まで、念仏のように唱えてみましょう。

  • 【3】「ほかの子を部屋に入れたらすぐにわかっちゃうからね」と情報網の確かさをほのめかす

    「どうやって調べるのかわかんないけどすげー怖いです」(20代男性)というように、どんなに隠そうとしても、やましいことはすぐにバレるとうかがわせるのもよさそうです。情報源を明かさないことで、対策を立てづらくする効果も望めるでしょう。

  • 【4】「病気になったらすぐに駆けつけるからね」と献身的な姿勢を前面に打ち出す

    「自分を心から想ってくれることを知り、裏切れないと肝に銘じました」(10代男性)など、けなげな態度で彼氏の心を縛り付けるテクニックもあります。どす黒い気持ちを嗅ぎつけられないよう上手に振る舞いたいものです。

  • 【5】「恋の火遊びを感知したらすぐに消火剤ぶっかけてやる!」とワイルドな比喩で恫喝する

    「口では冗談めかして言っているんだけど、目がマジだった」(20代男性)というように、言葉遊びの感覚で、真意を伝える手もあります。彼氏に効きそうなうまいたとえをひねり出しましょう。

  • 【6】「あなたから帰宅連絡があるまで私も毎日起きているから」と良妻気取りで牽制する

    「うっかり朝帰りなんかしたらどんなに取り繕っても見破られそう!」(20代男性)など、「尽くすタイプ」を装って周到な監視体制を匂わせるのもアリでしょう。帰宅後にテレビ電話での「おやすみ」を義務付けるなど、いろいろな手が考えられそうです。

  • 【7】「万が一浮気したら生霊になって取り憑いてやる」とホラーなテイストで威嚇する

    「『生霊』とか『取り憑く』なんて言葉を言われると、とてもそんな気は起きなくなる」(10代男性)というように、痴話喧嘩レベルとはケタ違いの恐怖を与えれば、浮気する気力さえ奪えるかもしれません。彼氏が怖気づくくらいの迫力で臨みましょう。

  • 【8】「遠距離カップルのうち3組に1組は結婚してるんだって!」と結婚への布石を打つ

    「こうなったらもう逃げられないなって思いました」(20代男性)など、結婚を視野に入れていることをほのめかして、ほかの女性に目が行かないよう退路を断つ戦法です。この機に婚約までなだれ込む勢いで思い切ってチャレンジしてみましょう。

  • 【9】「会うのにお金がかかるから頑張って稼がないとね」と浮気する暇などないと釘をさす

    「確かに新幹線で往復する料金を考えると、ほかの女と遊ぶお金なんて残らない!」(20代男性)というように、経済的な要因を理由に、あらかじめ警告を与えておくパターンです。とはいえ、彼氏の収入の低さを皮肉るような言い方にならないよう、気をつけたほうがいいかもしれません。

どんな言葉や言い方が刺さるかは、彼氏のキャラクターや二人のこれまでの付き合い方にもよるようです。一番、効果を発揮しそうな「呪い」を選んで、ぜひ実践してみましょう。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock