容姿抜きで惚れる!「一芸に秀でた女子」9パターン


女性に魅力を感じる最大の要因として「ルックス」を挙げる男性は多いもの。一方で容姿を抜きにして、その女性が持っている「一芸」の魅力に強く惹かれるケースもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性167名に聞いたアンケートを参考に、「容姿抜きで惚れる!『一芸に秀でた女子』」をご紹介します。

  • 【1】手の込んだ品をパッと作れる「料理上手な女子」

    「冷蔵庫の余り物で手早く一品作れるとか感動する」(20代男性)というように、やはり「料理」のスキルは男性を強く惹きつけるようです。派手でオシャレな一品をたまに作るより、日常的に料理を楽しみながら技術を磨いているほうが評価は高そうです。

  • 【2】堂々と話す姿に見惚れてしまう「外国語に堪能な女子」

    「自分にはできないから超憧れる。めちゃくちゃ賢そう」(20代男性)というように、英語をはじめとした「外国語」のスキルは、それがない男性に大いに尊敬されるようです。外国人と堂々と会話する姿を見せれば、社交的な性格だと思ってもらえるでしょう。

  • 【3】話題が豊富でサービス精神も旺盛な「トークがうますぎる女子」

    「人を楽しませるコツを知ってる女性とは、また会いたくなる」(20代男性)というように、巧みな「会話術」に一目置かれるパターンです。自分から話題を振って楽しませるだけでなく、聞き手としてうまく間を持たせると、男性をリラックスさせてあげられるかもしれません。

  • 【4】服装がとにかくオシャレな「美的センスが高い女子」

    「ダサい女子とデートすると滅入ってくるけど、オシャレな女子は一緒に歩くだけで楽しい気分になる」(10代男性)というように、「ファッションセンス」を重視する男性もいます。無難なコーデで万人受けを狙うより、自分の持ち味を生かしたスタイルを研究したいところです。

  • 【5】バリバリ働いて高収入な「仕事がデキる女子」

    「部下がいる女子は細かいところまで気が利くし、パートナーとして信頼できる」(20代男性)というように、「仕事の能力」が高い女性も評価されるようです。仕事を通じて信頼構築やコミュニケーション能力を磨いていくと、人間としての総合力が高まりそうです。

  • 【6】実力と実績を兼ね備えた「スポーツ万能な女子」

    「ひとつの競技に打ち込んだ経験がある人は、しっかり努力できるタイプ。性格も明るくていい」(20代男性)というように、女性のスポーツ経験に着目する人もいます。特別な実績がなくても、「今も現役で競技を続けている」と説明すれば、真面目な性格は伝わるでしょう。

  • 【7】本格的な演奏で聴く人を魅了する「楽器ができる女子」

    「文化的で育ちがよさげな感じがします」(20代男性)というように、音楽の素養があるだけで、魅力を底上げする場合があるようです。人前で演奏できる度胸もリスペクトの対象となりそうです。

  • 【8】論理的な思考が得意そうな「数字に強い女子」

    「理系女子って合理的だから会話がしやすい。結婚したら家計をきっちり管理してくれるイメージもある」(10代男性)というように、計算能力が優れた女性も好まれるようです。レストランの会計時にサッと暗算するなど、数字に強いところを折に触れてアピールしてみてはいかがでしょうか。

  • 【9】服もアクセも自分で作ってしまう「手先が器用な女子」

    「身に着けるものを自作できるなんてすごいと思う。それで自分と趣味が合えば最高ですね」(20代男性)というように、身の回りのものを手作りできる女性も目を引くようです。既製品に負けないレベルの「作品」をファッションのどこかに取り入れると、スキルを尊敬してもらえそうです。

恋愛において、何が「好き」のきっかけになるかは人それぞれです。自分の個性や長所を磨き、それをしっかりアピールすることで、好意を持ってもらえるチャンスは広がりそうです。(佐藤碧彦)


【調査概要】
期間:2015年5月7日から14日まで
対象:合計167名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock