義理チョコとわかっていても萌える「渡され方」9パターン


義理チョコでも、渡す以上は相手に喜んでもらいたいもの。では、どんなふうに渡せば、そこはかとないドキドキや胸キュン要素を込められるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性82名に聞いたアンケートを参考に「義理チョコとわかっていても萌える『渡され方』」をご紹介します。

  • 【1】「誰からか当ててみて」とヒント付きで机の引き出しに入っている

    「『えっ!誰誰誰?』ってめっちゃ盛り上がります!」(20代男性)というように、謎解き仕立てになっていると、男性は思いのほか楽しんでくれるようです。普段つけている香水をカードに沁み込ませるなど、「ヒント」も工夫すると、謎めいた雰囲気を醸し出せるでしょう。

  • 【2】「義理チョコですみません」とわざわざかしこまった態度で差し出される

    「『いつも軽口叩いているのになぜ敬語?』とどぎまぎした」(20代男性)など、普段と違う接し方をするのも、ただの義理チョコとは一味違う空気を漂わせる効果があるようです。まだ「本命」ではない男性だとしても、バレンタインをきっかけに、関係の進展が望めるかもしれません。

  • 【3】「これからもよろしくね!」と両手でかわいく差し出される

    「それまであまり気にしていなかった子が、急に気になるようになった」(10代男性)というように、妙な小細工なしにかわいらしさを全面に出す戦術です。キャラクター的にアリなら、首をかしげながら渡すと、さらにスイートな印象になるでしょう。

  • 【4】「ちょっとこっちに来て」と二人きりになってから渡される

    「『あれ?義理チョコのはずだよね?』とドキドキした」(20代男性)など、誰からも見られない空間で手渡しすることで、一瞬、告白かと期待させる作戦です。お互い悪からず思う間柄なら、一気に話が進むかもしれません。

  • 【5】「いつもありがとね」とかわいいメッセージカードが添えられている

    「自分のためにカードを用意してくれたのかと思ったらジーンとしました」(20代男性)というように、日ごろの感謝を丁寧にしたためれば、心のこもった贈り物として受け取ってもらえそうです。字に自信がなくても、なるべく直筆で書きましょう。

  • 【6】「いつもお世話になってるから」と照れ隠しにグイグイ押し付けられる

    「おかずをおすそ分けしてくれる近所のおばちゃんみたいな仕草がかわいかった」(20代男性)など、恥ずかしさのあまり強引になってしまう女性の態度に親しみを感じる男性もいます。ただし、あまりに押しつけがましいとおばちゃんっぽくなってしまうので、加減は考えたほうがよさそうです。

  • 【7】「来年ももらえると思わないでね」とツンデレ調でつかみどころがない

    「こんなふうに言われると『なんとしてでも来年ももらいたいー!』って思っちゃいますよね」(10代男性)というように、上から目線の冷淡な態度をスパイスにすれば、バレンタインをめぐる駆け引きを楽しめそうです。普段からふざけ合っているような仲なら有効な方法でしょう。

  • 【8】「実はもっと違うのも考えたんだけど」と義理じゃない感を匂わせる

    「『も、もしかして、俺が本命ってこと?』と期待してしまった」(20代男性)など、あいまいな言葉に翻弄されるのを好む男性も多いようです。誤解されると面倒なので、「この人ならOK」と思える男性だけに限りましょう。

  • 【9】「ハイこれ。お返しよろしく」とクールを装いつつ頬を赤らめる

    「言葉と表情が裏腹な不器用さがいとおしくなった」(20代男性)というように、わざとつっけんどんな言い方をしつつ恥ずかしそうにしているところが、多くの男性の「萌えのツボ」を直撃するようです。なかなか難しい演技なので、鏡の前で予行演習をしておくと良いかもしれません。

かわいらしさやツンデレ、強引さなど、どんなパターンに萌えるのかは、男性それぞれ。相手のタイプを見極めながら、自分らしく渡せるやり方を試してみましょう。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2015年10月7日から14日まで
対象:合計82名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock