本命相手にはできない!こっそりやってみたいSMプレイ9パターン


挑戦してみたいと思うSMプレイがあっても、付き合いたての彼氏や意中の男性相手にお願いをすると引かれてしまうかもしれません。ですが、セフレなど割り切り関係の相手であれば、チャレンジしてみるのも可能なのではないでしょうか。そこで今回は20代から30代の独身女性に聞いた『スゴレン』独自の調査を参考に、「本命相手にはできない!こっそりやってみたいSMプレイ」をご紹介します。

  • 【1】プレイ中の格好が恥ずかしすぎる「緊縛プレイ」

    「縛られてるところを好きな人には見せられないけど、どうでもいい相手なら平気かも」(20代女性)というように、性奴隷然としたプレイは、割り切りの関係でこそ試してみたいという意見がありました。スマホで「縛る方法」を検索しながら、様々な縛り方にトライしてみると楽しみながらプレイできるのではないでしょうか。

  • 【2】よだれが垂れて汚らしい「さるぐつわプレイ」

    「襲われてる感じがして興奮しそうだけど…」(30代女性)というように、「さるぐつわプレイ」の屈辱感は、M女子の興味をそそるようです。「いくらセフレとはいえ、よだれダラダラの姿を見られるのはヤダ」という方は、タオルを丸めて口に入れる「ソフトさるぐつわプレイ」に挑戦してみるといいのではないでしょうか。

  • 【3】本命を責めるとなるとキツい「ペニバンプレイ」

    「相手の穴に挿入したい願望はあるけど、彼のそんな体勢を見たら引いちゃいそう」(20代女性)というように、興味はあるけれど大好きな相手の無様な格好は見たくない、という意見もありました。いくらセフレとはいえペニバンのハードルが高いようであれば、バイブなどを相手のアナルに入れてみるとS心を満たせるかもしれません。

  • 【4】なりきるのがむなしい「イメージプレイ」

    「付き合いの長い彼氏相手だと、お互いの演技で笑っちゃいそうで」(20代女性)ということから、セフレ相手の方が役に入りやすそう、という声もありました。イメージプレイ専用のセフレがいれば、「今日は家庭教師と生徒の設定」や「次会う時はお医者さんと患者さんの設定」など色々なバリエーションのプレイができるかもしれません。

  • 【5】普段してるとすら思われたくない「オナニー鑑賞」

    「彼氏には『私はオナニーをしたことない』って言い張ってるから(笑)」(30代女性)というように、露出癖はあれど恋人には晒したくないという女性もいるようです。ナンパされた相手など、もう二度と会うことのない男性ほど、普段通りの淫らなオナニーを見せつけられるものなのかもしれません。

  • 【6】本命にされたら悲しくなる「異物挿入プレイ」

    「興味はあるけど、そんなひどいことする人となんて付き合いたくないし」(20代女性)というように、いくら自分からリクエストしたからと言って、意中の相手から異物を挿れられるのはショック…という葛藤を持つ女性もいました。ちなみに不衛生な物や膣内で折れてしまう可能性のある物などは危険ですので、いくら性的興味があっても避けた方がいいのではないでしょうか。

  • 【7】ドS女だとバレたくない「足コキ」

    「私、一応彼氏からは『おしとやかでエッチは受け身』だと思われてるんで(笑)」(20代女性)というように、乙女心が邪魔して本命相手には足コキをするようなSっ気が出せないという意見も。中には、嫌われても構わないようなセフレが相手の場合は、「足コキ」どころか「踏みつけ」もするという声もありました。

  • 【8】クンニを強要しているような「顔面騎乗位」

    「自分で押し付けるなんてはしたないこと、好きな相手にはできないよ」(20代女性)というように、通常のクンニよりも顔面騎乗位のほうが、ハードルが高いと考える女性もいました。仮にセフレ相手でも口に出してお願いするのは恥ずかしいという場合は、しばらく69をしてから自分の上半身を起き上がらせれば、自然と顔面騎乗位になるのではないでしょうか。

  • 【9】誰でも受け入れると思われてしまう「複数プレイ」

    「乱交するような女を、男が本当に好きになるとは思えない」(30代女性)というように、スワッピングを許容される間柄に真実の愛はないと考える女性もいるようです。宅飲みを開く際に、女性陣はエッチ好きな女友達を呼び、男性陣はセフレ男性に男友達を連れてきてもらえば、スムーズな流れで2対2の複数プレイが楽しめるのではないでしょうか。

「好きな人にしか見せられない一面」がある一方、「好きな人だけには見られたくない性の一面」を持つ女性は少なくないのかもしれません。本命男性に秘密のエッチをすることで性生活が潤うのであれば、遊び相手を作って色々とチャレンジしてみるのは悪いことではないのではないでしょうか。(A4studio)
Photo:All images by iStock