成人式で声を掛けやすい「昔、いいなと思ってた女子」の行動9パターン


成人式を「中学・高校時代に好きだった女子との関係を取り持つラストチャンス」だと考える男性は多いようです。あなたに熱い視線を送る男性のためにも、当日は「話しかけやすい雰囲気」をまとって挑みたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に「成人式で声を掛けやすい『昔、いいなと思ってた女子』の行動」をご紹介します。

  • 【1】化粧や着物がケバすぎず、ほどよく上品である

    「なんかもう遊女みたいな格好だとそれだけで話しかけられない」(20代男性)というように、無難な晴れ着で参加すると、声を掛けやすいと思ってもらえるようです。和服にこだわりがなければ、清潔感のあるスーツ姿を選ぶと好印象かもしれません。

  • 【2】自分から「久しぶりー」と声をかけてまわっている

    「そんなにからみがなかったのに、自分のことを覚えてくれてたんだと嬉しくなる」(20代男性)というように、気さくに挨拶をしてまわると、声を掛けやすいと思ってもらえるようです。「○○くん」と相手の名前をコールしてあげると、親近感が湧きやすくなるでしょう。

  • 【3】一人で手持ちぶさたそうに立っている

    「一人でヒマそうにしている子だと、気軽に挨拶できる」(10代男性)というように、一人でぶらぶらしていると、声を掛けやすいと思ってもらえるようです。友達と待ち合わせするにしても、少し早めに行って、一人になる時間を設けてみるとよいでしょう。

  • 【4】特定の男性がベタベタと付き添っていない

    「男女一緒に行動されると、外野としては話しかけづらい」(20代男性)というように、特定の男性にエスコートさせないほうが、声を掛けやすいと思ってもらえるようです。付き合ってもいないのに「恋人同士」と間違われたくなければ、ペア参加は御法度かもしれません。

  • 【5】誰かに写真を撮ってほしそうにしている

    「友達と自撮りしてるんだけど、うまく撮れない様子だと…」(20代男性)というように、誰かにシャッターを切ってほしそうにしていると、声を掛けやすいと思ってもらえるようです。もちろん自分からお願いするのもアリですが、仲良くなりたい相手なら、「一緒に撮ろうよ」と誘うとベターでしょう。

  • 【6】学生時代のイケてないグループとも分け隔てなく話す

    「あんなにイケてなかった人たちとしゃべってるんだから、俺とも仲良くしてくれるかなって思います」(20代男性)というように、誰とでも楽しそうに話していると、声を掛けやすいと思ってもらえるようです。いつ見られてもいいように、相手によって態度を変えず、愛想よく対応しておきましょう。

  • 【7】女子同士ばかりでつるまず、男性とも軽く談笑している

    「女同士で鉄壁のガードをされると太刀打ちできないので」(10代男性)というように、女子グループばかりで行動しないほうが声を掛けやすいと思ってもらえるようです。女子同士の旧交は別の機会に温めてもいいでしょう。

  • 【8】トイレやお化粧直しでよく席を立つ

    「群れを離れてソロで行動してくれると、チャンスだ!と思います」(20代男性)というように、基本はグループでいても、たまに単独行動を意識すると声を掛けやすいと思ってもらえるようです。どこまでも付いてきたがる女友達がいる場合は、どうやって振り切るかを考えておいたほうがよいでしょう。

  • 【9】目があうとニッコリ微笑みかけてくれる

    「ろくに学生時代話したことがなくても、笑顔で接してくれるとドキッとする」(20代男性)というように、顔見知りと目が合ったら、とりあえずニッコリ微笑んでおくと声を掛けやすいと思ってもらえるようです。多少の勘違いはおそれず笑顔を振りまいておきましょう。

仲良し同士で固まらず、個人で行動すると、男性が話しかけやすくなるようです。ただしあまりに愛想を振りまきすぎると、「なにあの勘違い女?」と同性から妬まれる可能性もあるでしょう。(熊山 准)
Photo:All images by iStock