正月明けに気になる男性と盛り上がりやすい話題9パターン


休み明けに気になる男性と再会したとき、盛り上がりやすい鉄板ネタを用意しておくと、久しぶりでも自然に会話が進みそうです。そこで今回は、10代から20代の独身男性94名に聞いたアンケートを参考に「正月明けに気になる男性と盛り上がりやすい話題」をご紹介します。

  • 【1】「運勢どうだった?」など、新年を占うおみくじの話題

    「大吉でも凶でも盛り上がります」(20代男性)というように、初詣で多くの人が引くクジの話題は、誰もが食いつくネタの一つかもしれません。とりあえず、「おみくじ引いた?」と尋ねるところから始めてみてはいかがでしょうか。

  • 【2】「何枚もらった?」など、年賀状の話題

    「昔ほど盛んではないとはいえ、やっぱり日本の定番ですからね」(20代男性)というように、お正月の風物詩である「年賀状」の話も無難そうです。年始に声を掛けやすくするためにも、元旦に届くように送っておくといいかもしれません。

  • 【3】「ゆっくりできた?」など、ふるさとでのお正月の話題

    「お互いの地元の話は面白いですよね」(20代男性)というように、実家から離れて暮らしている場合は、帰省中の出来事に触れるのもいいでしょう。話題が広がりやすいように、地元のお土産を渡してみてはいかがでしょうか。

  • 【4】「いい夢見た?」など、初夢の話題

    「一富士二鷹三茄子的な話、大好物です」(20代男性)というように、今年初めて見た夢について語り合うのも面白いかもしれません。「こんな夢見たんだけど…」と臨場感たっぷりに説明できるように、初夢をしっかり覚えておきたいところです。

  • 【5】「年始は何で笑った?」など、初笑いの話題

    「毎年のように、年またぎのバラエティで笑っているので…」(20代男性)というように、「正月休みに爆笑したネタ」を教え合うのも、明るいムードを引き寄せそうです。意中の彼がお笑い好きなら、年末年始の定番バラエティは一通りおさえておいたほうがいいかもしれません。

  • 【6】「今年の目標は?」など、新年の抱負の話題

    「『第一志望に合格かなぁ』とか、目標を思い出す意味でもいいと思います」(10代男性)というように、どんな一年にしたいのか、前向きに話し合うのも素敵でしょう。さわやかな印象を与えたければ、正月が明けるまでに新年の抱負をまとめてみてはいかがでしょうか。

  • 【7】「0時のとき何をしていた?」など、新年を迎えた瞬間の話題

    「『ジャンプしてたから地に足がついてなかったよ』とかふざけたくなりますね(笑)」(10代男性)というように、0時のときに何をしていたのか尋ねるのもよさそうです。冗談が好きな相手なら、受けを狙おうとして質問を待っているかもしれません。

  • 【8】「紅白歌合戦見た?」など、年末年始の特番の話題

    「『日本人の正しい年末年始』について語りたいですね(笑)」(20代男性)というように、国民的な人気を誇るテレビ番組もかっこうのネタになるようです。観ていた人も、そうでない人も「俺の見解」について口を開いてくれるでしょう。

  • 【9】「ちょっと太った?」など、暴飲暴食の話題

    「自分でも太ったなあと感じてる場合は、女子のほうから突っ込んでくれたほうが気が楽になります」(20代男性)というように、年末年始に食べ過ぎてしまった男性は、むしろそのことに触れてもらったほうが話しやすくなるようです。「わたしも元旦だけでお餅を10個も食べちゃったよ!」などと自虐気味に調子を合わせてあげましょう。

会話が弾みそうな鉄板ネタはいろいろあるようですが、二人の間に共通項がないと厳しいので、可能な範囲で事前に共通の話題を考えておきましょう。(外山武史)


【調査概要】
期間:2015年8月4日から11日まで
対象:合計94名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock