必死すぎて引く…同窓会にワンチャン狙いで来た女子の行動9パターン


婚活中の女性にとって、同窓会は絶好のチャンス。とはいえ最初からそればかり意識すると、周囲から冷たい視線を向けられて、ますます婚期が遠のいてしまうかもしれません。そこで今回は、インターネットユーザーの独身男性94名に聞いたアンケート調査を参考に「必死すぎて引く…同窓会にワンチャン狙いで来た女子の行動」をご紹介します。

  • 【1】結婚式かというくらい気合いの入ったドレスで登場する

    「ひときわ目立ってましたね。悪い意味で」(20代男性)というように、主役は私と言わんばかりの晴れ着で臨んでしまったパターンです。考えすぎて正解がわからなくなった場合は、事前に家族や友人に衣装をチェックしてもらいましょう。

  • 【2】参加者全員の「未婚・既婚」や「バツの有無」を素早く把握する

    「出会いがしらに『結婚は?子どもは?』とか聞きまくるのって露骨すぎますよね」(20代男性)というように、驚異的な速度で参加者の交際ステータスを収集してしまうパターンです。気持ちはわかりますが、事前に幹事に聞くなど、もう少し目立たない方法で探りたいところです。

  • 【3】腕時計やクルマの鍵など、持ち物をチラ見して生活レベルを推測する

    「なんだか値踏みされてるみたいで嫌ですね」(20代男性)というように、男性の持ち物を細かくチェックしてしまうパターンです。うっかり目を向けてしまったら、見ないフリではなく「すごい、高そうな時計」と褒めてあげたほうがまだ好印象かもしれません。

  • 【4】勤め先や仕事内容に始まり、ズバリ年収まで聞き出そうとする

    「仕事の話ならまだしも、年収まで聞かれるとドン引き」(20代男性)というように、相手の懐具合を根掘り葉掘り聞いてしまうパターンです。自然に年収トークに持ち込みたいなら、せめて自分の経済状況を告白してからにしましょう。

  • 【5】聞いてもないのに自分から仕事や収入を公開して「安定」を強調する

    「『私は結婚してからも働けるし、働きたい』とか聞いてないし(笑)」(20代男性)というように、自分をお得な結婚相手だと売り込むパターンです。「私が働くから専業主夫が欲しい」という上から目線の態度も、男性陣の気を悪くするかもしれません。

  • 【6】女子グループに留まらず、積極的に男性陣に割って入る

    「女同士でつるまれても面白くないけど、こっちが心配になるくらい男としかしゃべってない」(20代男性)というように、友達そっちのけで男性とばかり話すパターンです。男性グループに混ざるとしても、誰か女子を巻き込むなど、自分ばかりが突っ走って見えないよう注意しましょう。

  • 【7】家事や育児に長けた自分を猛烈にアピールする

    「そんなに家庭的なキャラだったっけ?みたいな」(20代男性)というように、花嫁修業はばっちりだと自慢してまわるパターンです。「何の役にも立たないのにねー」と多少の自虐ネタを挿入して、バランスを取ったほうがよいかもしれません。

  • 【8】独身男性と片っ端から連絡先を交換してまわる

    「『また今度遊ぼう』と誘うのは独り身のヤツらばかり。わかりやすい」(20代男性)というように、独身の同窓生だけにしか連絡先を教えないパターンです。感じが悪いと思われたくなければ、家庭持ちだと参加が難しいイベントを催して、自然に参加者をふるいにかけるなどの工夫が必要でしょう。

  • 【9】酔った勢いで「余り者同士、結婚しよっか」と誘いをかけまくる

    「あれ、さっきはほかの男と約束してなかったっけ?と興ざめ」(20代男性)というように、アルコールのせいにして独身男性に唾をつけまくるパターンです。悪酔いするならいっそのこと「結婚したいのよ…」と正直に打ち明けたほうがよほどマシかもしれません。

必死すぎる女性は、異性ばかりではなく、同性からも冷ややかな目で見られてしまいそうです。せっかくの同窓会で孤立せぬよう、まずは会を楽しむという気持ちで臨むとよいでしょう。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2015年8月4日から11日まで
対象:合計94名(独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock