アラサー女子が「今年中に彼氏に詰め寄りたいこと」9パターン


年末は1年間の総決算をする時期。彼氏に対する悩みもきれいに解決できれば、気持ち良く新年を迎えられるというものです。そこで今回は、インターネットユーザーの独身女性に聞いたアンケートを参考に、「アラサー女子が『今年中に彼氏に詰め寄りたいこと』」をご紹介いたします。

  • 【1】この先自分と結婚する気があるのか

    「のらりくらりとかわされてきたけど、これだけは問い詰めておきたい」(20代女性)など、アラサー女子にとってはやはり「結婚問題」が一番気になるところのようです。年末の一番慌ただしいタイミングで突然話を振れば、ついポロッと本音が漏れるかもしれません。

  • 【2】浪費癖を直すつもりがあるのか

    「将来のことを考えると少しでも多くお金を貯めたいのに、計画性がまったくない」(20代女性)というように、金銭感覚の不一致について悩む人もいます。ただ「無駄遣いしないで」と怒るより、「来年からは毎月1万円ずつ共同貯金しよう」などと具体的なプランを持ちかけてみてはいかがでしょうか。

  • 【3】出産のリミットについて考えているのか

    「芸能ニュースを見て『40代でも産めるんだね』って言っていたけど、高齢出産のリスクなんて全然知らない様子」(20代女性)というように、女性にとっての「常識」が男性に通用するとは限らないもの。「性の授業」などと銘打って、一度じっくりレクチャーすると、懸念点を共有できるかもしれません。

  • 【4】将来的にどんな働き方をしていきたいのか

    「ずっと今と同じ派遣の仕事を続けられると思ってるのが甘すぎる」(20代女性)など、来年もずっと一緒にいたいと思う相手なら、仕事の見通しも気になるところでしょう。ストレートに聞くと角が立つので、冗談っぽく「将来の夢」というテーマで作文を書いてもらうのも面白そうです。

  • 【5】貸したお金を返す気があるのか

    「5万円とか微妙な金額だけど、年内には返してほしい」(20代女性)というように、新年を迎える前に金銭面での清算を求める人もいます。「金の切れ目が縁の切れ目」となりそうなら、ちょうど貸付金額程度で買えそうなアイテムを「どうしても欲しいの」と訴えると、彼氏もピンとくるでしょう。

  • 【6】いつまで夢を追いかける予定なのか

    「5年続けている鳴かず飛ばずのバンド、正直やめてほしい」(20代女性)など、年末は人生のリスタートを提案するには適したタイミングかもしれません。部外者が介入しづらい領域ではありますが、解散ライブの構想をいっしょに練るなどして、徐々に洗脳してみましょう。

  • 【7】転勤で遠距離恋愛になったらどうするのか

    「実際に転勤が多い会社なので、あらかじめ話し合っておきたい」(20代女性)など、辞令が出てから慌てるのではなく、前もって「起こりうること」に備えたいという意見です。「1、2年なら待つけど3年以上なら別れる」といったドライな契約も恋のカンフル剤になるかもしれません。

  • 【8】ギャンブルをやめるつもりがあるのか

    「デートの途中でパチンコ屋に入ろうとしたときは、久しぶりにマジギレした」(20代女性)というように、ギャンブルから足を洗ってほしいと願う人もいます。彼氏の携帯の着信音を『軍艦マーチ』からおしゃれなボサノバに変更するなど、身の回りの環境からじわじわと変えてあげましょう。

  • 【9】自分は本命の彼女なのか浮気なのか

    「別の女の影がチラチラ見えるけど、怖くて問いただせない」(20代女性)など、致命傷を負いかねないだけに、「自分の立ち位置」については切り出しづらいかもしれません。除夜の鐘に合わせて「本命」「浮気」「本命」「浮気」とつぶやき、百八つ目で彼氏の顔を伺ってみてはいかがでしょうか。

彼氏に対する積もりに積もった不満は誰にもあるはず。クリスマスから年越しという浮かれた空気をうまく利用して、かわいく詰め寄ってみてください。(石原たきび)
Photo:All images by iStock