交際目前かと思いきや…「別の女」の存在に気づく瞬間9パターン


そろそろ告白されるかも…と思ったのに、なぜか関係が進展しない。そんなときは、別の女性との間で天秤にかけられている可能性を疑ったほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性88名に聞いたアンケートを参考に「交際目前かと思いきや…『別の女』の存在に気づく瞬間」をご紹介します。

  • 【1】会話によく登場する「女友達」の存在に気づいたとき

    「頻繁に出てくる『女友達』が実は自分と同じ『彼女候補』だったことがある」(20代女性)というように、よく話題に上る女性は要注意人物と思ってまず間違いないようです。「その人はどんな知り合い?」などと探りを入れて、口ごもるようなら疑惑濃厚と考えましょう。

  • 【2】誘っても「予定を確認してから」と即答を避けられたとき

    「私以外の予定のほうが大事だからすぐ答えられないんだよね」(10代女性)というように、返事を先延ばしにする男性は、少なくとも自分に夢中なわけではないようです。ただし、本当に仕事やバイトというケースもあるので、一度や二度の先延ばしで判断するのはやめましょう。

  • 【3】デート中にケータイばかりいじる様子を見たとき

    「誰からの連絡を待ってるの?と言いたい」(10代女性)というように、スマホを手放さない男性は、デート中もほかの女性と連絡を取っている可能性が高そうです。「仕事?」などと聞くことで、やんわりと不快感を表すくらいなら、問題ないのではないでしょうか。

  • 【4】「一緒に行かなかったっけ?」と勘違いされたとき

    「誰と行ったんだよ!とつっこんでしまった」(20代女性)というように、記憶を混同している男性は、自分以外にもデートをする相手がいると思ったほうがよさそうです。最近できたスポットなどであれば元カノの可能性も低いため、疑ってもいいのではないでしょうか。

  • 【5】「きみ『は』○○なんだね」と比較する発言があったとき

    「確実に誰かと比べてるでしょ!」(10代女性)というように、誰かと比べるような発言は、注意しておいたほうがよさそうです。ただし、元カノの可能性も捨てきれないので、「あからさまに比較するような男を思い続けるかどうか」という観点で検討したほうがよさそうです。

  • 【6】いい雰囲気になっても、なかなか「付き合おう」と言われないとき

    「迷うあたりが怪しいと思う」(20代女性)というように、ある程度親密になっても交際を切り出されない場合、何かに「引っかかっている」と考えたほうがよさそうです。中途半端な状態で悩むのが嫌なら、自分から告白して決着をつけるのもひとつの手ではないでしょうか。

  • 【7】クリスマスやバレンタインなど、カップルイベントの日に会えなかったとき

    「一番好きな子と会うはず…ということは、敗色濃厚(泣)」(10代女性)というように、イベントデーが埋まっている男性は、ほかの女性とのデートに忙しいのかもしれません。そこで選ばれなかった段階で「二番手」の恐れがあるので、諦めたほうがいいのではないでしょうか。

  • 【8】デートスポットに詳しすぎて、不自然に感じたとき

    「最新デートスポットを知りすぎてると『彼女もいないのにどうして?』と思う」(20代女性)というように、デート慣れした男性には、現在進行形の相手がいるのかもしれません。単に「モテ男」「遊び人」というケースもありますが、その場合も女性関係で苦労する危険性を考えたほうがよさそうです。

  • 【9】休日連絡がつかないことがあるとき

    「誰かとデートなのかと思ってしまう」(20代女性)というように、休みのはずの日に連絡がつきにくい場合、誰かと出かけている疑いが強いでしょう。単なる友達ということもあるので、「週末は何してた?」などと確認してみてはいかがでしょうか。

ほかの女性との間で揺れている男性には、浮気している男性に近い兆候が見られるようです。疑いすぎて自滅する必要はありませんが、期待して傷つくことのないよう自衛策をとりましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2015年6月30日から7月7日まで
対象:合計88名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock