「クリスマスなんて面倒!」と彼氏を追いつめてしまう発言9パターン


クリスマスを目前にすると、あれこれ妄想が膨らんでしまうかもしれませんが、あまりに期待値が高すぎると、彼氏のやる気をそいでしまうおそれがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に「『クリスマスなんて面倒!』と彼氏を追いつめてしまう発言」をご紹介します。

  • 【1】毎年記録更新しないとダメ?「今までで一番楽しいクリスマスにしたいなー」

    「長く付き合っていると前年超えするのも大変」(20代男性)というように、常に過去最高のクリスマスを要求するパターンです。「今年も一緒にいられて幸せ」などとけなげな態度を見せたほうが、むしろ彼氏を奮起させるかもしれません。

  • 【2】こっちも用意しなくちゃいけないのか…「サプライズ楽しみにしててね!」

    「当たり前みたいに言われても、正直めんどくさい」(20代男性)というように、お互いのサプライズありきで話を進めるパターンです。二人の気持ちに温度差があると、ギクシャクする原因にもなるのでリスキーでしょう。

  • 【3】人ごみや渋滞に巻き込まれたらイライラすること間違いなし!「イルミネーションとか見てみたい」

    「行列とか本当に嫌いなので勘弁してほしい」(20代男性)というように、混雑する場所にあえて行きたいとごねるパターンです。かといって「空いてる穴場でもいいよ」とお願いするのもプレッシャーになりそうなので、「○○に行こう!」と自分がリードするのが無難でしょう。

  • 【4】仕事が忙しいんですけど!「イブの夜は絶対にお泊まりしたい」

    「次の日も平日だし、そもそもホテルの予約がいっぱいで取れない」(20代男性)というように、聖夜のお泊まりを勝手に期待しているパターンです。どうしてもというなら、どちらかの家に泊まる程度が気楽でしょう。

  • 【5】いくらかかるの?「一度くらい夜景が見えるレストランでディナー食べたい」

    「予約も激戦だし、クリスマス特別料金でめちゃくちゃ高いし…」(20代男性)というように、ベタにバブリーなクリスマスを望むパターンです。自分で予約してワリカンで臨むくらい潔い態度ならともかく、他力本願ではドン引きされてしまいそうです。

  • 【6】比較しないでほしい「去年のプレゼントは○○だったから…」

    「給料は上がってないのに、プレゼントは毎年値上がりしている気が…」(20代男性)というようにプレゼントの要求が年々高まるパターンです。逆に「私たち付き合い長いし、そんなに頑張らなくてもいいよ」などと控えめに出たほうが、かえって頑張ってもらえるでしょう。

  • 【7】どういう意味なのかな「私の夢はクリスマスにプロポーズされること」

    「これはプロポーズしろって言うことなのかな、と」(20代男性)というようにクリスマスに乗じてプロポーズへの夢をほのめかすパターンです。単なる願望レベルなら、「いや、今すぐってことじゃないよ?」などとちゃんとフォローしておかないと、クリスマス前に破局を迎えてしまうかもしれません。

  • 【8】ふんわりしててわからない「クリスマスっぽいことがしたい!」

    「具体的なリクエストがないので、むしろ一番困りますね」(20代男性)というように本人のやりたいことが定まっていないパターンです。「何か食べたい」「何か買いたい」同様に彼氏を困らせる定番のセリフなので、あなたにとってのクリスマスっぽいことを考えるのが先でしょう。

  • 【9】鬼が笑うよ!「来年はフランスとかでクリスマスを迎えたいよねー」

    「今年のクリスマスもまだなのに、来年の、しかも海外旅行なんて求められても」(20代男性)というようにハードルが高すぎるイベントを夢見るパターンです。ひとまず目の前のクリスマスを楽しく過ごすことだけを考えましょう。

高すぎる要求はしない、具体的にやりたいことを示す。これを守るだけでも彼氏のやる気はキープされそうです。基本は「一緒に過ごせるだけで幸せ」という態度を貫きましょう。(熊山 准)
Photo:All images by iStock