「遊びのつもりだった」男性が本気になるエッチ中のセリフ9パターン


好きな男性と一夜を共にできたとしても、必ずしも恋人になれるというわけではないのではないでしょうか。自分としては彼氏彼女の関係になりたいと思っているのに、相手にその気がなさそうな場合はどうしたらいいのでしょう?そこで今回は20代、30代の男性に聞いた「『遊びのつもりだった』男性が本気になるエッチ中のセリフ」を紹介します。

  • 【1】甘えたような口調で「ずっと、ずーっとこうしていたいよ」

    「かわいくて、つい『うん、ずっと一緒にいよう』って言っちゃうと思います」(20代男性)というように、「ずっと」というワードを使うことで男性側が恋人関係になることを了承することもあるようです。寄り添いながら上目遣いで言うと、さらに効果がアップするかもしれません。

  • 【2】だいしゅきホールドしながら「愛してる」

    「そこまでストレートに言われたこと人生で一度もなかったから心が動いた」(30代男性)というように、「愛してる」という言葉の力によって男性に「遊びの関係ではいけない」と思わせることも。ギュッと抱き付きながら耳元で囁くように言うと、相手の心をより揺さぶれるかもしれません。

  • 【3】ポツリと呟くように「もうこれから他の男とは一生エッチしなくてもいいかも」

    「さりげなく言う言葉は本心だと思えて、愛おしさが増す」(20代男性)とのことで、「あなたとだけエッチできればいい」という気持ちが伝わるので男性を本気にさせられるという意見です。彼が本気になりかけているようならば、「私の最後の男になってくれる?」と念押しをするといいかもしれません。

  • 【4】エッチ中の小休止の際、「お腹空いてる?この後、おいしいもの作ってあげる」

    「こう言われたら、まだ料理を作ってもらう前でも胃袋を掴まれたも同然(笑)」(30代男性)というように、エッチ途中に幸せな家庭像をイメージさせる料理の話題を出すことで男性が本命視してくれることも。例え一度の料理で本命彼女になれなくても、その後もエッチのたびに料理を作るようにすれば、胃袋を掴まれた男性はいつしか離れられなくなるのではないでしょうか。

  • 【5】不安そうな表情で「ねぇ、私たちって……付き合ってるの?」

    「そんな悲しい顔をさせてしまった自分のバカさ加減に気付いて、すぐに正式に告白すると思う」(30代男性)というように、不確かな関係に安心できない心情をそのまま伝えることで、男性の気持ちを固められることもあるようです。涙ぐみながら言うと男性により罪悪感を抱かせることができるため、告白してもらえる確率が上がるかも知れません。

  • 【6】切なそうに見つめながら「○○君が他の女の子とエッチしてるの想像すると苦しいよ」

    「思わず『君だけだよ!』って言っちゃいそう」(20代男性)とのことで、男性側に「この子を苦しめたくない」という気持ちが沸き起こるようにさせるセリフのようです。男性にそう言わせた後は、「私も○○君だけだよ。これって私たち、付き合ってるってことだよね?」と念押ししておくといいのではないでしょうか。

  • 【7】思いつめたような口調で「もし私のこと『遊び』なら……今日で最後にしよ?」

    「『最後』って言葉を出されてようやく相手の子に本気になる男もいるはず」(20代男性)とのことで、男性側に恋人関係について真剣に考えてもらうきっかけとなるセリフのようです。また「私ってセフレなの?」と詰め寄れば、男性から「違うよ、大切な恋人だよ」などの言葉を引き出せるかもしれません。

  • 【8】恍惚の表情で「こんなに興奮するの初めて!私たち、相性いいね」

    「運命の相手なのかなって思っちゃうよね」(20代男性)というように、「相性いい」と言う言葉は男性が本命視するきっかけとなるかもしれないという意見です。それでも相手の男性がきちんと告白してきてくれない場合は、こちらから「私たち付き合っちゃわない?(笑)」と冗談めかして言ってもいいのではないでしょうか。

  • 【9】照れたようにあえて目をそらしながら「○○君との赤ちゃんほしいな」

    「僕とずっと一緒にいたいんだなって気持ちがすごく伝わってくる」(30代男性)とのことで、恋人を通り越して結婚相手として見てもらうことも可能なセリフのようです。エッチの後、「子供は二人ほしいよね」や「犬を飼いたいな」など、将来結婚した場合をシミュレートした話題を持ち掛ければ、男性側から「じゃあまずはちゃんと恋人同士になろう」と切り出してきてくれるかもしれません。

今回紹介したセリフを言っても、もしまだ意中の男性がはぐらかすような態度をとっている場合は、辛いですが本命彼女になれる可能性は低そうですので、その相手のことはすっぱりあきらめて次の恋を探した方がいいのかもしれません。(A4studio)
Photo:All images by iStock