なりゆきで付き合って後悔した最大の理由9パターン


「相手に言い寄られて」「勢いでエッチしてしまって」など、なんとなく流されて男性と付き合ってしまうというのはよくある展開でしょう。結果オーライなら良いのですが、中には後悔したという声も少なくないようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「なりゆきで付き合って後悔した最大の理由」をご紹介します。

  • 【1】付き合うと決まった瞬間から「好きじゃない」と気付いていたから

    「好きになろうと頑張ることがむなしかった」(20代女性)というように、見切り発車で交際を開始しても、愛情が生まれなかったパターンです。「一緒にいるとラク」といった感情を「好意」と誤認することもあるので、特にさびしさを感じているときは用心したほうがよいでしょう。

  • 【2】運悪く本命の男性から言い寄られて困ったから

    「自分の間の悪さを呪いましたね」(20代女性)というように、彼氏ができた途端に片想いしていた別の男性からアプローチを受けたパターンです。どうでもいい相手と深い仲になるくらいなら、むしろその状況をダシにして、「いま、○○から付き合おうって言われてる」などと本命に迫りたいところです。

  • 【3】毎日の連絡やデートなど、「彼女としての義務」が発生したから

    「付き合う前までは普通に楽しんでたやりとりがしんどくなった」(10代女性)というように、彼女として期待される行動が面倒になったパターンです。押しに負けて付き合うと陥りがちな事態なので、「いまは友達だから楽しいんだよ」などと交際を決める前に諭すとよいかもしれません。

  • 【4】ほかのメンズから「彼氏あり」という理由で口説かれなくなったから

    「適当な相手で手を打ってしまうと、あとあと出会いの可能性を狭めてしまう」(20代女性)というように、口説かれる機会が減り、寂しくなってしまったパターンです。もっとも、「彼氏はいるけど、あまりうまくいっていない」とアピールして自らの価値を高める高等テクも、あるにはあるでしょう。

  • 【5】手をつないだりキスしたりするのが生理的に嫌だったから

    「なんとかなると思って付き合ったけど、本当に無理だった」(20代女性)というように、スキンシップがどうしても嫌だったパターンです。自信がない場合は、付き合う前に一度手を握ってみるなど、確認してみてもよいかもしれません。

  • 【6】エッチをするときも感情がたかぶらないから

    「遊び目的ならともかく、好きでもない相手としても燃えない」(20代女性)というように、エッチをしても気分が乗らないパターンです。好きでもない男性と惰性でつながり続けるのは、長い目で見ると「時間の無駄」でしかないと心得ましょう。

  • 【7】相手を本気にさせてしまって苦しくなるから

    「自分はなんとなくなのに、どんどん相手の想いが強くなって心苦しかった」(20代女性)というように、相手がヒートアップしすぎて罪悪感がつきまとうパターンです。変に期待を持たせてしまうのも残酷なので、同情で付き合うのはご法度でしょう。

  • 【8】情ばかり移ってしまって別れを切り出せないから

    「もともと嫌いな相手じゃないからかえって別れるきっかけが見つからなかった」(20代女性)というように、相手の気持ちを思うあまり、別れにくくなってしまったパターンです。一度始めたものは止めるのが大変なので、後始末のことをよく考えてから決断したいものです。

  • 【9】安心はしてもまったく心がときめかないから

    「暇を潰せたり、さびしさは埋められたけどそれ以上のものはなかった」(20代女性)というように、一緒にいてもときめきがまったく感じられなかったパターンです。恋愛にドキドキ感を期待する人は、間違った選択をしないように注意しましょう。

いずれにしても、始めるのは簡単でも終わらせるのが難しいのが「なりゆきで付き合った関係」かもしれません。特に心が弱っていたり、判断力が鈍っているときに油断してしまうので、まずは時間を置いてじっくり考えるようにしたいものです。(熊山 准)
Photo:All images by iStock