感じ悪い…好意的に受け止められない「彼氏なしアピール」9パターン


「彼氏がほしいのに、すでにいると思われて誘いがかからない」という女子は、なるべく周囲にフリーであることを知らせておきたいもの。しかし伝え方を間違えると、かえって悪印象を与えてしまう場合があるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性125名に聞いたアンケートを参考に「感じ悪い…好意的に受け止められない『彼氏なしアピール』」をご紹介します。

  • 【1】妙なポエム口調がイタい「私の恋はどこに…?」

    「ワールドが独特すぎて、話についていけない」(20代男性)というように、あまりに抽象的な表現ばかりだと、地に足が着いていないと思われてしまうことがあるようです。イタいキャラ認定されては損なので、シンプルな伝え方にしたほうがいいかもしれません。

  • 【2】願望だけを強調されてもリアクションに困る「あー、彼氏ほしいよ!」

    「『だから何?』って感じ。目的が分からない」(10代男性)というように、一方的に投げかけるだけの言葉は、相手を混乱させてしまうこともあります。前のめりなアピールは、控えめな女子を好む人には引かれてしまうおそれがあるので注意しましょう。

  • 【3】ジメッとした言い方が卑屈な「どうせ私なんか彼氏できないし…」

    「『そうだね』とは言えないから、いちいちフォローしなきゃならなくて面倒」(20代男性)というように、自分自身を否定するような発言は、相手に気を遣わせてしまうものです。本心はどうであれ、「ご縁がなくて」くらいに留めておくほうが無難でしょう。

  • 【4】発言がおバカすぎて引く「その辺にイケメンが転がってないかな」

    「『転がっていたところで君には無理』と言ってやりたい」(10代男性)というように、突拍子もないことを口にするのも、常識のない子だと思われてしまう危険があります。「天然」も度を越すと、「頭が悪そう」という評価になるので気をつけましょう。

  • 【5】恋愛マスターぶった持論がウザい「キスしたいと思える男に出会いたい」

    「こっちだって選ぶ権利はあります(笑)」(20代男性)というように、「恋愛経験豊富な女」を気取った物言いも、「勘違い女」の烙印を押されてしまいそうです。「似たようなことを男性に言われたらどう感じるか?」を考えてから発言するといいかもしれません。

  • 【6】上から目線にイラっとくる「なんで世の中の男って見る目がないのかな?」

    「自分が選ばれて当然と思う自信はどこから…?」(10代男性)というように、彼氏なしの原因がすべて男性側にあるかのような言い方をすると、「傲慢な女子」だと思われることもあります。自信があるのはいいことですが、謙虚でありましょう。

  • 【7】男遊び激しいアピが謎な「いつも男の子とばかり遊んでいるんだけど、本命はいないんだ」

    「遊んでる女子に好感を持つ男っていないのでは?」(10代男性)というように、恋愛において「遊び人」のイメージがプラスに働く可能性は低そうです。異性の知人が多いことは、積極的には言わないほうがいいかもしれません。

  • 【8】投げやりな態度が鼻に付く「誰でもいいから、彼氏になってくれないかな」

    「『自分のことも相手のことも大切にできない人』って思ってしまう」(20代男性)というように、やさぐれた態度は恋愛に対してだけでなく、人としても無責任な印象を与えかねません。「理想は高くない」などとソフトな言い方を心がけてみてはいかがでしょうか。

  • 【9】条件を挙げすぎて高飛車な「年収は1000万以上でイケメン限定ね」

    「条件でしか人を選べない、心が貧しい女子に魅力は感じない」(20代男性)というように、一方的な理想だけを並べ立てるのも、反感を買ってしまうようです。譲れない条件があったとしても、胸の内に留めておいたほうが誤解されずに済むでしょう。

「軽い女子」「高慢ちきな女子」などとレッテルを貼られないよう上手にアピールができれば、「モテ女子」に一歩近づくのではないでしょうか。(山下陽子/Office Ti+)


【調査概要】
期間:2015年6月2日から9日まで
対象:合計125名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock