悪天候が予想されるデートで用意しておきたいアイテム9パターン


雨の日はインドアデートが王道ですが、どうしても屋外でデートしたいときは何を持っていけばいいのでしょうか。そこで今回は10代から20代の独身女性279名に聞いたアンケートを参考に「悪天候が予想されるデートで用意しておきたいアイテム」をご紹介します。

  • 【1】防水性の高いスニーカーやレインブーツ

    「雨の可能性があるときは機能性重視です!」(20代女性)というように、濡れることを恐れずに歩ける「防水性の高い靴」があると気分よく外出できそうです。いざというときに備えて、雨降りでも外出が楽しみになるようなお気に入りの一足を用意しておいてはいかがでしょうか。

  • 【2】汗も雨もふけるタオルハンカチ

    「水をガンガン吸わせるなら、タオル地にかなうものはない」(10代女性)というように、普通のハンカチに加えてタオルハンカチも持参すると安心でしょう。自分のものだけではなく、相手の分まで用意すれば、気が利くところをアピールできそうです。

  • 【3】小さく畳めるレインコート

    「歩き回る場合は、傘より重宝しますね」(20代女性)というように、屋外で何かしらのアクティビティを行う場合は、傘よりレインコートのほうが活躍するかもしれません。コンパクトに畳めるタイプなら、バッグに入れても邪魔になりにくいでしょう。

  • 【4】びしょ濡れになったときのための替えの靴下

    「べちゃべちゃの靴下は気持ち悪いしニオイが気になる!」(10代女性)というように、ソックスやストッキングの予備も、あるに越したことはなさそうです。脱いだ靴下を入れるビニール袋なども合わせて持参しましょう。

  • 【5】強い風に負けない傘

    「本当に大変なときは、ビニ傘じゃなくて丈夫な傘がわが身を助けてくれる」(20代女性)というように、傘は強度の高いものに限るという人もいます。持っていない場合は、少々値が張ってもケチらず、いい傘を長く使うつもりで、新調してはいかがでしょうか。

  • 【6】体が冷えたときにすぐ使えるカイロ

    「風が強いところだと春や秋でも寒いので」(20代女性)というように、念のためにカイロがあると寒さ対策が万全になるかもしれません。家を出るときは汗ばむ陽気でも、気圧の変化とともに急激に冷え込む場合もあるので、気を抜かないほうがいいでしょう。

  • 【7】メイクが崩れにくいウォータープルーフの化粧品

    「何回も化粧を直すのは大変ですから」(20代女性)というように、雨や湿気に強いメイクをしておくと、デート中に化粧崩れを気にする頻度が減りそうです。強風が予想されるなら、あらかじめ髪をまとめて顔にかからないようにしておきたいところです。

  • 【8】水をはじく防水素材のバッグ

    「お財布もスマホも全部ビショビショ…となると悲惨なので、雨なら割り切ってビニール素材のバッグにします」(20代女性)というように、雨に濡れても大丈夫なバッグを持っていくと、中身のことを気にしなくてすみそうです。手持ちに適切なものがなければ、バッグごと入る大きなビニール袋を用意するといいでしょう。

  • 【9】屋内デート情報をゲットできるアプリ

    「外を歩くのがどうしても無理になったら、プラン変更したいので…」(20代女性)というように、悪天候でどうにもならないときのために、代替案探しに使えるアプリをダウンロードしておくと臨機応変に動けそうです。交通情報や天気予報にアクセスできるアプリもあると便利でしょう。

悪天候時は、機能性を重視して持ち物を選ぶ人が多いようです。雨が降っても絶対に行きたい場所でデートするときは、快適に過ごすためのものを揃えていきましょう。(外山武史)


【調査概要】
期間:2015年3月14日から21日まで
対象:合計279名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock