「狙いすぎでしょ…」と男をシラケさせる勘違いモテテク9パターン


多くの女性が実践している「モテテク」には、おそらくどれも一理あるのでしょう。しかしながら、どんな技も、むやみやたらに連発すると、男性の警戒心を無駄にあおることになってしまうようです。そこで今回は、独身男性の生の声を参考に「『狙いすぎでしょ…』と男をシラケさせる勘違いモテテク」をご紹介します。

  • 【1】めったやたらに口をとがらせる「不自然なアヒル口」

    「天然以外は認めない!ニセモノは唇が前に出すぎたりして変」(20代男性)というように、男受けを狙ったアヒル口は作りモノだとすぐバレるようです。無理をして口のカタチを変えるよりも、男性との会話の中身に神経を使ったほうがいいかもしれません。

  • 【2】男性があざとさを感じて引く「つくり込まれた上目づかい」

    「俺は騙されないぞ、と思ってしまう」(20代男性)というように、計算された上目づかいが原因で、「信用できない女」というレッテルを貼られるおそれもあります。行きすぎたブリッコに見られないように、男性との身長差を生かした立ち方や座り方を意識するなど、自然と上目づかいになるシチュエーションをつくるようにしてはいかがでしょうか。

  • 【3】心を込めず連射する「『すごーい!』という相槌」

    「とにかく褒めろってどこかで読んだんでしょ」(10代男性)というように、ワンパターンすぎる相槌が、男性のテンションをダダ下がりさせてしまうことも。「えーホント?」「大変じゃなかった?」などと、ときおり変化球を織り交ぜたいところです。

  • 【4】わざとらしいドジの後の「ペロッと舌を出して『テヘッ』」

    「『ドジキャラ気取るんじゃねぇ!』と心の中で叫びました」(20代男性)というように、失敗したときに、ベタな昭和リアクションをするのも、男性をイラッとさせるようです。そもそも男性は、ただドジが好きなのではなく、失敗して本気で恥ずかしがっている顔に萌えるのかもしれません。

  • 【5】あきらかに地声ではない「甲高いアニメ声」

    「きっと萌え豚も激怒するよ、その声」(20代男性)というように、媚びるような調子の声が、男性の反感を買ってしまうパターンです。頑張ってアニメ声を出そうとするより、ゆっくり、落ち着いて会話を楽しむほうが、相手からの印象を良くするでしょう。

  • 【6】男性が気まずさのあまり目を逸らす「大サービスの谷間」

    「『男って単純(笑)』と思われたくないから見ない!」(20代男性)というように、胸元を強調した結果、目を逸らされてしまうケースです。自信があるからと見せつけるよりも、「隠しているのに見えてしまう感」を演出したほうが、男心をつかめるのではないでしょうか。

  • 【7】演技が見透かされて寒い「酔いつぶれたフリ」

    「お酒の力で騙すなんてちょっと姑息ですよね」(20代男性)というように、飲みすぎて酔ったふりをしても、大概の男性に見ぬかれてしまうようです。酔って前後不覚になるよりも、ほろ酔いでニコニコしている女の子のほうが、男性に親しみやすさを感じさせるでしょう。

  • 【8】太ももタッチや腕を組む「露骨すぎるスキンシップ」

    「美人局かと思う」(20代男性)というように、大胆すぎるタッチは、男性の警戒心をあおるだけのようです。腕をツンツンする、人ごみで手を繋ぐ、熱っぽいおでこに手を当てて体温を診るなど、想定外のタイミングで行われる自然なスキンシップが男性を「ドキッ」とさせるのではないでしょうか。

  • 【9】天ぷらを食べた後のような「テッカテカのくちびる」

    「プルップルならキスしたくなるけど…」(20代男性)というように、リップグロスを塗りすぎた唇は、男性を興ざめさせるようです。リップクリームだけで自然な潤いを保っている唇のほうが、むしろ男心をそそりそうです。

演じていることがバレると、スベるリスクが高いようです。どうせやるなら、自然体でできるようなモテテクを選びましょう。(外山武史)
Photo:All images by iStock