私に着こなすのは無理でした…衝動買いして失敗した水着9パターン


女子には「一度は着てみたい!」と憧れる水着があるものです。しかし、自分の実力では満足に着こなせないという悲しい現実から目をそむけてはいけません。そこで今回は、10代から20代の独身女性382名に聞いたアンケートを参考に「私に着こなすのは無理でした…衝動買いして失敗した水着」をご紹介します。

  • 【1】布地の部分が小さすぎる「三角ビキニ」

    「やっぱり恥ずかしくなっちゃいました」(20代女性)というように、セクシーすぎる水着は結局お蔵入りになることが多いようです。一人で買い物をしたときに勢いで買いがちなので、女友達と一緒に選び、一度試着姿を見てもらってはいかがでしょうか。

  • 【2】子どもっぽく見えてしまう「ワンピース」

    「かわいいと思ったんだけど…かわいすぎ?」(20代女性)というように、ワンピースタイプの水着は、デザインによっては「年齢的に厳しい」と判断されることもあるようです。フリルなどを多用せず、落ち着いた色合いのものであれば、子どもっぽくなることだけは避けられるでしょう。

  • 【3】ほどけそうな緊張感がハンパない「紐ビキニ」

    「泳ぐのも『おそるおそる』でした」(10代女性)というように、腰でビキニの紐を結ぶタイプの水着は、常に「紐がほどけたらどうしよう」という不安との戦いになるようです。「紐に見えるけど、実際は脱げない」というデザインのみの紐ビキニなら、安心して楽しめそうです。

  • 【4】胸が小さいと様にならない「ホルタービキニ」

    「マネキン買いして失敗しました」(20代女性)というように、肌の露出の多い水着の中には、「巨乳用」とでも言うべきデザインがあるようです。とはいえ、優秀なブラパッドはたくさんあるので、「かさ増し」して着こなす手もあるのではないでしょうか。

  • 【5】寸胴体型が目立つ「スポーツタイプ」

    「一番体型のごまかしがきかないかもしれない」(20代女性)というように、競泳プールなどでも着られるスポーツタイプの水着は、かなり体のラインが際立つデザインのようです。よほどのスタイル自慢さんでもない限り、うかつに手出ししないほうがいいと肝に銘じましょう。

  • 【6】胸が大きいと苦しい「バンドゥビキニ」

    「胸を押しつぶされるようでした」(20代女性)というように、胸をすべて覆うバンドゥビキニは、巨乳さんが着ると少々辛いかもしれません。ワキからお肉がはみ出たりするとカッコ悪いので、「スレンダー体型専用」と思ったほうがよさそうです。

  • 【7】派手すぎて勇気が出ない「大きめの花柄水着」

    「一目惚れして買ったけど、地味顔の私には水着ばかり目立ってしまう(苦笑)」(20代女性)というように、売り場ではステキに見えた水着の柄も、改めて家で見ると「派手すぎる」ことがあるようです。とはいえ、ビーチに行けばまた売り場と同じ光景なので、勇気を出して着てみると「意外といける」のではないでしょうか。

  • 【8】ウォータースライダーに乗れない「チューブトップタイプ」

    「『ポロリ』が怖くて着れませんでした」(10代女性)というように、支えのないチューブトップタイプの水着は、アクティブに水辺を楽しみたい人には不向きかもしれません。ウォータースライダーなどではTシャツを羽織り、防衛策をとってはいかがでしょうか。

  • 【9】ウエストのくびれが肝になる「ハイウエストタイプ」

    「お腹の『ポッコリ』が余計に気になるなんて思わなかった」(20代女性)というように、近年のトレンドであるハイウエストタイプのビキニは、通常のビキニよりも「くびれ」が重要なようです。ウエストは比較的鍛えやすい部位だと言われているので、今からでも筋トレを頑張ってみてはいかがでしょうか。

女子が憧れる水着には、さまざまなトラップがあるようです。しっかりと試着をし、他人の目に触れることで、「着こなせない水着を買ってしまう」失敗だけは避けられるでしょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2015年1月8日から15日まで
対象:合計382名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock