新しい出会いのために…積極的に顔を出したい場所9パターン


家と職場を往復するだけの毎日だと、「ステキな男性にめぐり会うなんて、夢のまた夢…」と悲観的になってしまいがちですが、同じような境遇なのに、幸せをモノにしている女性がいるのもまた事実。めげずにみずから進んでチャンスを作れば、出会いを呼び込むことができるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「新しい出会いのために…積極的に顔を出したい場所9パターン」をご紹介します。

  • 【1】選り好みせずに手っ取り早く出会いたいなら「合コン」

    「理想の男性が必ず来るとは限らないけど、すぐ実行に移せるのは魅力」(20代女性)というように、とにかく男性と話す機会を持ちたいなら、合コンが最適でしょう。「数撃ちゃ当たる」方式ですが、いつかは運命の人に出会えるかもしれません。

  • 【2】気軽な気持ちで複数の男性とおしゃべりできる「街コン」

    「声の掛け方すら忘れていたので、ゆるい出会いの場で勘を取り戻した(笑)」(20代女性)というように、大勢の男女が交流する街コンなら、気負わず参加できそうです。いまの自分の女子力が周りと比べてどうかを確認することもできるでしょう。

  • 【3】同じ趣味を持つ相手だから盛り上がること必至の「オフ会」

    「話題を見つけやすいし、恋愛モード全開で挑まなくていいからラク!」(10代女性)というように、オフ会で出会った男性となら、会話で苦労せずに済みそうです。初対面ではピンとこなくても、何度か会ううちに親しみが湧いてくるかもしれません。

  • 【4】出会いがあれば一層キレイになれそうな「スポーツジム」

    「自分磨きのために通っていたら男性が声を掛けてきて、それがいまの彼氏(照)」(20代女性)というように、前向きな姿勢が幸運を招いたケースです。少々ヨコシマですが、気になる男性を発見したなら、ジムに行く時間を合わせて顔なじみになるのも手です。

  • 【5】男女問わずネットワークを広げられる「社会人サークル」

    「異業種交流会と違って遊びメインだから、プライベートな展開に持ち込みやすい」(20代女性)というように、さまざまな職種の人と和気あいあいと過ごせる集まりも、出掛ける価値がありそうです。単身で乗り込むのが不安なら、同類の女友達を誘ってみましょう。

  • 【6】習い事の中でも男性比率が高そうな「ビジネス英会話教室」

    「必要に迫られて受講したけど、周りは将来性のありそうな男性ばかりで嬉しい誤算!」(20代女性)というように、ビジネス系の語学スクールには、上昇志向の男性会社員が集まっていそうです。とはいえ、勉強の邪魔をして睨まれるのだけは避けたいところです。

  • 【7】かつてのクラスメイトに希望を託して「同窓会」

    「冴えない感じだった元同級生が大人っぽく変身していてドキドキ…」(20代女性)というように、クラス会でも思わぬ収穫があるかもしれません。思い出話に花を咲かせながらも、学生時代とは違う女性らしさをにじませれば、新鮮な印象を与えられそうです。

  • 【8】女子力を最高レベルまで上げてのぞみたい「友人の結婚パーティ」

    「出費が痛いけど、せっかくだから満喫してやろうと!」(20代女性)というように、友達を祝うかたわら、幸せのおすそ分けを狙う方法です。招待客であれば素性も確かなので、気の合う男性に連絡先を聞かれたら、教えてしまってもいいかもしれません。

  • 【9】最短距離で結婚相手が見つかる可能性大の「婚活パーティ」

    「自分に合う相手が経験的にわかってきたので、狙いを定めて探すことにした!」(20代女性)というように、本気で結婚を考えるなら、婚活を始めてもいいでしょう。理想の男性像にこだわりすぎず、柔軟に出会いを求めたほうが、目的を達成しやすそうです。

プライベートな時間をどう活用するかで、出会いが叶う人と叶わない人との差が出てきそうです。幸せをつかみたいなら、行動あるのみでしょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年4月28日から29日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock