「ワケあり婚」をする友人に掛けてあげたいお祝いの言葉9パターン


恋の悩みを語り合った女友達が、ついに結婚!たとえその結婚が複雑な事情を抱えたものであっても、言葉を尽くして祝福の気持ちを伝えたいものです。そこで今回は、10代から20代の独身女性310名に聞いたアンケートを参考に「『ワケあり婚』をする友人に掛けてあげたいお祝いの言葉」をご紹介します。

  • 【1】「あなたが幸せなら、それだけ嬉しい!」と全面的に味方する

    「気まずそうに報告する友達に抱きついて喜んだら、やっと笑顔を見せてくれた!」(20代女性)というように、友人の複雑な思いを吹き飛ばす勢いで、明るくお祝いする方法です。「どんないきさつがあるにせよ、友情は変わらない」とはっきり伝えてあげましょう。

  • 【2】「ダブルでおめでたいね!」と妊娠を一緒に喜ぶ

    「『もう性別わかってるの?』と興味を示して、ふたりで盛り上がった」(20代女性)というように、ひっそりと幸せをかみしめている様子なら、嬉しい気持ちを共有させてもらうのもいいでしょう。余計な不安を抱かせないためには、とにかく聞き役に徹しておくとよさそうです。

  • 【3】「みんなのお手本になって」と若い年齢での結婚を持ち上げる

    「『先輩!』とか呼んでふざけてみる。笑ってほっとしてもらえたら嬉しい」(10代女性)というように、周囲の誰よりも早く結婚する友人を「先駆者」として一目置くセリフです。ただし、興味本位で事情を根掘り葉掘り尋ねるのは失礼にあたるので、ほどほどに盛り上げましょう。

  • 【4】「私も大人な旦那さんが欲しいなー」と年の差婚を羨ましがる

    「『年齢より若く見えて中身は頼れる大人…って最高じゃん』と表現した私もグッジョブだと思います(笑)」(20代女性)というように、「ワケあり」の部分を長所としてとらえてみせるのも手です。老後の問題などには触れぬよう、上手に持ち上げましょう。

  • 【5】「ひとつ壁を乗り越えたね」と不倫略奪婚をささやかに祝う

    「式もパーティもしないと言うので、ディナーに誘ってシャンパンで乾杯!」(20代女性)というように、いきがかり上、盛大なお披露目が難しい友人には、小さな祝宴くらいは開いてあげてもよさそうです。気心の知れた者だけで集まれば、終始なごやかなムードに包まれるでしょう。

  • 【6】「1年たったら誰も覚えてないよ」と悪い噂を笑い飛ばす

    「自分なら『気にしてたら損!』とかって豪快に励ましてほしい」(20代女性)というように、楽天的な発言が歓迎される場合もあるでしょう。本来なら幸せの絶頂にある時期なので、根拠や自信がなくても「大丈夫!」と全力で元気づけてあげたいところです。

  • 【7】「孫の顔を見たらご両親も許してくれるはず」と明るく先を見通す

    「親に反対されたらつらいと思うから、『いまは無理でもいつかは…』と希望を持たせてあげたい」(20代女性)というように、幸せな未来に目を向けさせる方法です。似た事情を抱えて結婚した例などを聞かせると、彼女の中で将来への展望が開けるかもしれません。

  • 【8】「苦労した分、幸せになれるよ!」とこれまでの困難を肯定的にとらえる

    「『あなたは強くなった!だからなにも心配ないよ』と言ったら、泣かれてしまった」(20代女性)というように、障壁を乗り越えた友人を褒めてあげるのもいいでしょう。「でもあれはヤバかったよね」などと思い出話に花を咲かせれば、湿っぽさを払拭できそうです。

  • 【9】「自分たちの愛を貫き通すなんてステキ!」とふたりの絆を讃える

    「人からなにを言われても、彼女たちは絶対別れなかった。『それってすごいと思う』と素直に伝えました」(20代女性)というように、「運命のふたり」だと絶賛したら、自分たちの決断に誇りを持ってもらえそうです。経緯を知っている友人の言葉なら、まっすぐ心に届くでしょう。

真心を込めて祝福すれば、喜んでもらえそうです。「ヘタなことを言ったら傷つけてしまうかも…」などと遠慮することはないのかもしれません。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2015年2月9日から16日まで
対象:合計310名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock