鈍感な理系男子には効果なし?残念な好き好きアピール9パターン


女性とコミュニケーションをとる機会が少ない理系男子は、恋愛感情に関して鈍感なことが多いようです。そんな相手には、直接的なアプローチをしないとあまり響かないかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「鈍感な理系男子には効果なし?残念な好き好きアピール」をご紹介します。

  • 【1】「わからないから勉強教えて」と頼る

    「単に頼られてると思うみたい」(10代女性)というように、「好きな人に教えてもらいたい」という乙女ゴコロは、鈍感な男子にはわからないようです。「○○くんに教えてもらいたい」など、「あなただからこそ」という部分を強調すると、少しはピンとくるのではないでしょうか。

  • 【2】「デート」と言わずに食事や飲みに誘う

    「お腹空いてるだけだと思われてた(苦笑)」(20代女性)というように、「食事に行こう」「飲みに行かない?」という誘いは、本当に言葉通りに受け取られてしまうようです。「○○くんといると楽しいから」などと前置きをして、意識させる努力をしましょう。

  • 【3】相手好みに見た目を変える

    「そもそも変わったことも気づいてなかった。ショック!」(20代女性)というように、鈍感な男性は女性の外見的な変化にほとんど気づかない場合があるようです。アピールするつもりなら、「○○くんがショート好きって聞いたから、髪切っちゃった」などとはっきり伝えたほうがよさそうです。

  • 【4】ボディタッチの回数を増やす

    「なれなれしいヤツだと思われた…」(20代女性)というように、相手の体に触っても、「好きだから触られている」というところまで考えがたどり着く理系男子は少ないかもしれません。明らかにその人にだけ親しげにしたり、言葉で好意をにおわすなど、何らかの合わせ技を考えたほうがいいでしょう。

  • 【5】FacebookやTwitterでマメにコメントする

    「好きだからコメントするとは…思ってくれないか(苦笑)」(10代女性)というように、ネット投稿に対して頻繁にコメントを残すのは、いささか遠回しすぎるアプローチかもしれません。それよりは話す回数を増やして、相手の中で自分の存在感を増す努力をしたほうが賢明でしょう。

  • 【6】毎日他愛もない理由で連絡する

    「『メール好きだね』って言われちゃった」(20代女性)というように、「特に用事もないのに連絡する」ということ自体に意味を見出すのは、女性ならではの感覚なのかもしれません。「毎日メールするのなんて○○くんだけだよ」などと言って、特別感を強調しましょう。

  • 【7】「賢い人が好き」と遠回しな告白をする

    「『俺も!』って笑顔で返された」(20代女性)というように、好きな異性のタイプを話したところで、自分のことだと気づく理系男子は少ないかもしれません。好意を知ってもらいたいなら、「○○くんみたいに賢い人と付き合いたいな」などと、一歩踏み込んだ告白をしてはいかがでしょうか。

  • 【8】複数人での集まりでさりげなく隣に座る

    「偶然だと思ってるみたい。そんなに毎回続かないって!」(20代女性)というように、隣の席に陣取る程度では、理系男子の関心は引けないようです。爽やかな香水をつけるなど、「女らしさ」をアピールする作戦に出ると、少しは「おっ」と意識させられるのではないでしょうか。

  • 【9】「彼氏がほしい」と訴える

    「『頑張って』と言われてガックリ」(20代女性)というように、恋愛に興味のない理系男子には、何を言っても「自分とは関係のないことだ」と片付けられてしまうようです。自分事だと認識させるためには、勇気を出してストレートに告白するしかないのかもしれません。

鈍感な理系男子には、勘のいい男子にはピンとくるライトな告白行為も、まったく意味をなさないようです。自分が勇気を出すしかないのだと腹をくくってはいかがでしょうか。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から16日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock