狙った男性をドキドキさせる「大胆かつ刺激的なLINE」9パターン


好きな男性との距離を一気に近づけるには、LINEの活用が欠かせないでしょう。世間話だけでなく、ときにはちょっぴり大胆なメッセージを送ると、異性として意識してもらえるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性148名に聞いたアンケートを参考に、「狙った男性をドキドキさせる『大胆かつ刺激的なLINE』」をご紹介します。

  • 【1】普段の口調とは違う女ことばを使って「○○なのかしら?」

    「いつもとは違う女らしい口調にドキッとする」(10代男性)というように、文章のなかで「○○わよ」「○○だわ」といった語尾を使うと、女性らしさを強調できるようです。普段の言葉遣いがラフな人ほど、ギャップで刺激が強まりそうです。

  • 【2】みんなが見ているグループラインで「私のことどう思う?」

    「なんて答えりゃいいの?焦るけどドキドキする」(20代男性)というように、あえて仲間が見ているグループラインでストレートな質問をぶつけると、男性をドギマギさせられるようです。ただし、「からかわれている」と不快に思われる場合もあるので、状況をわきまえましょう。

  • 【3】唐突に距離感を近づける「寂しくてつい連絡しちゃった」

    「少なくとも親近感を持たれているんだなと感じます」(10代男性)というように、メッセージに「寂しくて」と一言加えることで、特別なニュアンスを演出できるようです。とはいえ、「誰にでも言ってるんだろう」と思われるリスクもあるので、ある程度親しくなってから勝負に出ましょう。

  • 【4】夜の時間帯に思わせぶりな「声が聴きたいな」

    「メッセージで盛り上がったあとに電話に切り替えると、妙な達成感がある」(20代男性)というように、音声通話をねだることで手応えを感じさせる作戦です。「なぜ電話?」と思われないよう、先に文字のやりとりを頑張る必要はあるでしょう。

  • 【5】男性の想像力を刺激する「今からお風呂入るから待ってて」

    「そうか風呂かぁ…と色々想像してしまう」(10代男性)というように、世間話の最中に「お風呂」で中断を申し出ると、男性は想像力を膨らませてしまうようです。ただし、効果を見込めるのは恋愛経験の少ない奥手な男性に限られるかもしれません。

  • 【6】身体の一部の写真を添付して「暇だから撮ってみた」

    「唇のアップとか、ヤバいですね」(20代男性)というように、唇やパジャマといった身体の一部をセクシーに撮って送ると、男性の視線を釘付けにできるようです。ただし、過激な方向にエスカレートすると後に引けないので、あくまでも「ほのかなセクシーさ」を厳守しましょう。

  • 【7】助けてもらったことへのお礼に「ありがとう、大好き!」

    「大好きってどういう意味で?と深読みしてあああーってなる」(20代男性)というように、自然な文脈のなかに「大好き!」と一言紛れ込ませることで、男性をドキドキさせる方法です。何かのお礼や感謝の気持ちを伝えるときなどに、自然に使ってみるとよさそうです。

  • 【8】思わせぶりなセリフを言ったあとに意味を聞かれて「秘密だよ」

    「隠されるとやけに気になる」(20代男性)というように、意味深なセリフのあとに「秘密」とごまかすと、男性の好奇心を刺激できるようです。恋愛トークの流れで、「私も好きな人いるけどね」とほのめかすなど、自然な文脈を意識するのがコツでしょう。

  • 【9】スタンプを使ってあくまでもさりげなく「I LOVE YOU」

    「どこまで本気かわからないから逆に意識してしまう」(20代男性)というように、あえてスタンプで好意をにおわせて、相手の気持ちを揺さぶる手もあります。文章と違って気軽に送ることができる分、いきなり「本気」とは取られないので、駆け引きに向いているでしょう。

意味深なアプローチを繰り出しながら、相手の様子を探るのがLINEの上手な使い方のようです。やり過ぎは禁物ですが、「ちょっと気になる」と思わせられれば勝ちでしょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年12月1日から8日まで
対象:合計148名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock