「チャラそうな女!」と警戒される連絡先交換の持ち掛け方9パターン


初対面の異性とお近づきになるためには、まず連絡先を交換するのが第一歩。女性のほうから提案するのも大いにアリですが、誘い方によっては遊んでいそうな印象を与えてしまうようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性177名に聞いたアンケートを参考に、「『チャラそうな女!』と警戒される連絡先交換の持ち掛け方」をご紹介します。

  • 【1】ロクに会話もしていない段階で、「とりあえず交換しとこ?」と提案する

    「全然仲良くなってないのに早過ぎるでしょ」(10代男性)というように、親近感が生まれる前のタイミングでは、連絡先交換の提案が不自然だと見なされてしまうようです。まずはしっかり会話を盛り上げて、「また話したい」と思ってもらうことが先決でしょう。

  • 【2】一緒にいるグループの男性全員に、自分から積極的にアドレスを教えて回る

    「男なら誰でもよさそう」(20代男性)というように、その場にいる男性全員に連絡先交換を求めるのは、あまり印象が良くないようです。社交的なキャラだとは認知されるとしても、やや軽薄なイメージで見られるのは避けられないので、本命がいるなら一人だけに絞るのが正解でしょう。

  • 【3】赤外線やアプリの「アドレス交換機能」を秒速で操作する

    「手慣れすぎ。男慣れしてんだろうなーと思う」(10代男性)というように、携帯やスマホの機能を熟知した様子は、男性を気後れさせるようです。純情そうだと思われたいなら、あえて「手書きのメモ」を手渡すほうが効果的でしょう。

  • 【4】「実はしょっちゅうアドレス変更してるんだー」とわざわざ説明したがる

    「別の男に乗り換えるたびにアドレス変えてそう」(20代男性)というように、「頻繁なアドレス変更」はいい加減な人間関係を想像させる場合があるので、できれば触れないほうがよさそうです。また、メールアドレスに「男性の名前」が入っているのも誤解のもとになるので注意しましょう。

  • 【5】「一応つながっておこうかー」と、ノリが軽い

    「ワクワクしない。どうせ連絡とらないでしょ」(10代男性)というように、あまりにも軽いノリで連絡先交換を申し出るのも、男性のテンションを下げるようです。照れ隠しでそう振る舞うのだとしても、「せっかくの縁だし」などとポジティブなセリフを選びたいものです。

  • 【6】ド派手にデコったスマホを振りかざし「アドレス教えてー!」と迫る

    「ギャルすぎて警戒する」(10代男性)というように、セリフや誘い方以前に、ギラギラに飾り立てた「デコスマホ」を見るだけで引いてしまう男性は少なくないようです。飾るにしてもワンポイントに留めるなど、控えめにしておくのが無難でしょう。

  • 【7】「842人目ゲットォ!」とアドレス帳の登録数の多さを自慢する

    「数を増やすのが目的では?と感じます」(10代男性)というように、登録人数の多さを誇るセリフは、好意的に受け止めてもらえないようです。「表面的な付き合いの広さ」を好まない男性も多いので、登録数には触れないほうがいいかもしれません。

  • 【8】男性のスマホを操作して、一人で手早く連絡先交換を済ませる

    「前のめりすぎてちょっと怖い。喰われそう」(20代男性)というように、男性の端末に手出しまでする積極性は、「がっつきすぎ」だと警戒されてしまうようです。慌てなくても男性は逃げないので、自力で作業するのをじっくり待ってあげましょう。

  • 【9】「LINEでグループ作ろうよ」など、どんな形でもいいからつながろうとする

    「気軽でいいけど、友達以上にはなれない気がする」(10代男性)というように、最初から「LINEだけ」を前提にすると、「その程度の付き合いしか望んでいない」と決めつけられるおそれがあるようです。より深い関係になりたいなら、早めに電話番号まで交換しておきたいところです。

連絡先交換は、より親しい関係に踏み出す「儀式」のようなもの。軽薄に思われないよう、注意して提案しましょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年9月9日から16日まで
対象:合計177名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock