かわいいだけじゃない!先輩男性に一目置かれる新人女子9パターン


最初は無条件でちやほやされる新人女子も、仕事ぶりがいい加減だと、化けの皮がはがれてしまうもの。「顔がかわいいだけ」「ぶりっ子」といった悲惨な評価を受けたくなければ、どんなことを頑張るといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性136名に聞いたアンケートを参考に「かわいいだけじゃない!先輩男性に一目置かれる新人女子」をご紹介いたします。

  • 【1】毎朝早めに出社して、準備万端で業務開始まで待機する

    「ギリギリで駆け込む子もいるので、落ち着いてスタンバイしていると『違うな』と思いますね」(20代男性)というように、毎日の「早めの出社」で株を上げるパターンです。数週間、数か月と続けられれば、周囲より10分早いだけでも、かなり見え方が違うでしょう。

  • 【2】積極的に電話に出て、取り次ぎをこなす

    「『電話出ろよ!』は新人への不満の典型。バンバン取れる子は目立ちます」(20代男性)というように、怖がらずにすすんで電話応対ができると、「使える人材だ」と思われるようです。別の業務を任されて忙しいときであっても、朗らかな声で受話器を取るようにしましょう。

  • 【3】人の話をよく聞き、こまめにメモをとる

    「僕の発言を聞いてペンを動かしているのを見ると、嬉しくなります(笑)」(20代男性)というように、こまめにメモを取る姿勢で、マジメな印象を与える作戦です。メモしても読み返さないのでは意味がないので、一日の終わりに必ずチェックしましょう。

  • 【4】教えなくてもパソコンの基本操作ができる

    「最近はフリック入力ばっかりで、キーボードをまともに使えない子もいるので…」(20代男性)というように、誰かに教わらなくても、仕事に必要なパソコン操作ができるだけで重宝されそうです。ずっと使えるスキルなので、自信がない人は入社前にパソコン教室に行っておいてもいいかもしれません。

  • 【5】役員クラスに話しかけられても動じない

    「度胸あるなぁーと感心します」(20代男性)というように、誰に対しても落ち着いて対応できる新人女子も、周囲に一目置かれるでしょう。ただし、平常心すぎて目上の人にタメ口で話すのは「非常識」になってしまうので、節度はわきまえたいところです。

  • 【6】絶対に正しいと思ったことは、上司に対しても譲らない

    「『芯がある子』は将来性があると思います」(20代男性)というように、仕事上での前向きな主張は、真剣に取り組んでいる証拠だと受け取ってもらえそうです。とはいえ、自分の意見が「わがまま」になっていないか、その都度冷静に考えたほうがいいかもしれません。

  • 【7】会話でもメールでも丁寧な言葉を選ぶ

    「慎重すぎるくらいの言葉選びに萌えます」(20代男性)というように、社会人らしい言葉遣いを目指す姿も、ひたむきな印象を与えるようです。自信がないときには「宛名はどう書くのが適切ですか?」と確認するなど、恥ずかしがらずに先輩に聞くといいでしょう。

  • 【8】みんなが面倒臭がる雑用でも、文句を言わずにソツなくこなす

    「コピー用紙が切れたら足すとか、そういう簡単なことをささっとできる子はいいですね」(20代男性)というように、言われる前に動く目配りやフットワークの軽さは高く評価されるようです。誰かがやらなければならない仕事なら、どんどん片づけて株を上げましょう。

  • 【9】言われたことの「先」を読んで素早く行動する

    「何か調べたら自分なりの考察を述べるとか。僕も『言われたことだけやるな!』と言われてきたので…」(20代男性)というように、指示待ちではなく自分の考えで動ける新人は、見どころがあると思われるようです。求められている仕事の目的が何かを考えるクセができると、迷わず行動できるようになるかもしれません。

入社したての時期は慣れないことも多いかもしれませんが、「新人だから…」と甘えてラクなほうに逃げないようにしましょう。(外山武史)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計136名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock