お花見デートで彼氏をメロメロにする小悪魔テク9パターン


お花見デートには、「どんなセリフにも風情が増す」という特典があります。シンプルながらも深みのあるささやきを連発して、彼氏をメロメロにしたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性136名に聞いたアンケートを参考に「お花見デートで彼氏をメロメロにする小悪魔テク」をご紹介いたします。

  • 【1】「すごく綺麗…」と、目を輝かせてしみじみと感動を言う

    「桜そっちのけで、彼女の顔を見つめてしまいそう」(10代男性)など、美しいものに見とれる女性の顔には、男性の目を釘付けにする魅力があるものです。たとえ五分咲きでも「かわいらしい」と微笑むなど、最初は必ず前向きな感想を口にしたいところです。

  • 【2】「虫が来たら守ってね」と、不安そうに彼氏の腕をつかむ

    「アリ1匹たりとも彼女の体に触れさせまいと、使命感に燃える」(10代男性)など、虫が苦手だとアピールして彼氏の「女性を守りたい気持ち」を刺激するパターンです。あえて無防備なスカートで行って、風が吹くたびに身をすくめてみせてもいいでしょう。

  • 【3】「はい、『あーん』して」と、お弁当のおかずを食べさせる

    「恋人がいる幸せを満喫できる」(20代男性)など、ベタなイチャイチャプレイも、お花見の高揚感を倍増させるスパイスになるようです。「外で食べるとすごく美味しいね」と、その場の空気をも噛み締めるようなセリフでお弁当タイムを味わい深いものにしましょう。

  • 【4】「眠くなっちゃった」と、甘えた声で彼氏にもたれかかる

    「ギュッと抱きしめて包んであげたくなる」(20代男性)など、開放的な気分に任せて彼氏に甘えてしまえば、全力で受け止めてもらえるかもしれません。「このまま時間が止まればいいのに」といったクサいコメントも、桜吹雪のなかではロマンティックに響きそうです。

  • 【5】「小鳥さんも喜んでるよ」と、感受性の高さをアピールする

    「彼女の世界に入り込んだ気分になれる」(10代男性)など、やや不思議ちゃんなセリフですら、幻想的な景色を前にすると、味わい深く受け止めてもらえるようです。「桜ってどうしてピンクなんだと思う?」といった謎めいた問いかけで彼氏を翻弄してしまいましょう。

  • 【6】「記念に押し花にしようかな」と、桜の花びらをポケットに入れる

    「『記念に写真を撮ろう』よりも深みがあって感動する」(20代男性)など、古風な「押し花作戦」で彼氏の気を引くパターンです。夢中でキレイな花びらを探しまわれば、乙女らしいピュアな一面を演出できるでしょう。

  • 【7】「でも、やっぱり花より男子!」と、彼氏の顔を見つめる

    「イタズラっぽい顔で言われるとかわいいと思う」(10代男性)など、桜を眺めながら、不意に彼氏を褒めることで、ハートを射抜く作戦です。「いつも優しくしてくれてありがとね」と改めて感謝の気持ちを告げれば、晩ご飯を奢ってもらえるかもしれません。

  • 【8】「あ、口開けてたら間違えて花びら食べちゃった」と、天然ボケを繰り出す

    「予想外のアホ行動にめちゃくちゃ癒される」(20代男性)など、タイミング良くドジなミスを繰り出すのも、彼氏を温かい気持ちにさせるようです。ただし周囲に迷惑をかけるレベルだと論外なので、「うっかり」程度に留めましょう。

  • 【9】「来年も2人で来ようね。約束だよ」と、1年後に思いを馳せる

    「誘ってよかったなとしみじみと思う」(20代男性)など、お花見終了間際に「リピート要求」をして、愛情を実感させるパターンです。「5年後は3人かもね」と意味深な言葉で迫れば、結婚を意識してもらえるかもしれません。

お花見では普段よりも豊かな感情表現を心掛けると、彼氏を夢中にさせることができるようです。ぜひとも体調と気持ちを万全にして挑みたいところです。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計136名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock