甘えて落とす!責任感の強い「長男」の攻略法9パターン


男性の基本的な性格は、生まれ育った家庭での立場に大きな影響を受けるもの。真面目で責任感が強く、プライドの高い人が多いと言われる「長男」のハートを射止めるには、どんな戦略が有効なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性436名に聞いたアンケートを参考に、「甘えて落とす!責任感の強い『長男』の攻略法」をご紹介します。

  • 【1】「私、どうしたらいいかな?」と悩み事を真っ先に相談する

    「長男はとにかく意見を求められると張り切る」(20代女性)というように、面倒見のいい長男は、人から何かを聞かれると全力で応えたくなるようです。小さなことでも相談し、アドバイスに素直に従うと、「仕方ないなあ」と言いながらいつでも味方になってもらえそうです。

  • 【2】「さすがだね!すごいね!」と相手の行動を大げさに褒める

    「相手のやることなすこと絶賛すべし」(20代女性)というように、長男は「頑張り屋」が多いために、褒められることを何よりも嬉しく感じるようです。些細なことでもいちいち「すごいね!」と称えてあげれば、上機嫌で接してもらえるでしょう。

  • 【3】「ほかに頼れる人いないもん」と特別な信頼感を口に出す

    「スペシャルな存在ということをハッキリ伝えるべき」(20代女性)というように、責任感が強い長男は、「貴方だけが頼り!」と言われると弱いようです。ほかの男性には目もくれず、徹底的に頼りまくると、自尊心を刺激できるでしょう。

  • 【4】「この固い蓋、開けられる?」と些細な力仕事をお願いする

    「『こんなこともできないの?』と思わせるのがコツ」(20代女性)というように、ちょっとした力仕事をお願いすることで、「男らしい自分」に対する自信を深めさせる作戦です。「すごいね、ありがとう!」とオーバーに感謝を伝えれば万全でしょう。

  • 【5】「非日常感があるアイスが食べたい」と少しだけ無茶なわがままを言う

    「ちょっとだけ高いハードルを設置すると活き活きする」(20代女性)というように、あえて身勝手なお願いをすることも、長男の「頼られたがり気質」を刺激するようです。ただし、実現不可能な注文をすると自信を失わせてしまうので、さじ加減には注意しましょう。

  • 【6】「すべてあなたにお任せします」と相手の顔を立てる

    「デートプランには絶対に文句を言わないこと」(20代女性)というように、女性をリードしたがる長男とデートするなら、最後まで従順に付き合うことが大事なようです。デート中のちょっとしたわがままはアリですが、ちゃぶ台返しは嫌がられるので、最後まで筋書き通りに進行させましょう。

  • 【7】「たまには甘えてもいいんだよ?」と頭をポンポン撫でる

    「実は甘えさせてあげると一番喜ぶ」(20代女性)というように、子どもの頃から「しっかりしていること」を求められてきた長男は、実は甘えることに飢えているようです。頭を撫でたり、膝枕をしてあげるなど、甘々なスキンシップを提供すると感激してもらえるでしょう。

  • 【8】「○○君のお母さん、すごく優しいね」と相手の家族を褒めちぎる

    「家族とうまくいけば勝ったも同然。とにかく褒めればOK」(20代女性)というように、「家族との関係」を重視する長男を射止めるには、キーマンを押さえる必要があるようです。相手の出身地や家業について好意的なコメントを繰り返せば、ファミリーに入りたがっていると認識してもらえそうです。

  • 【9】「新しい料理を覚えたから、食べてみて」と一生懸命さをアピールする

    「下手でもいいから『頑張っている』と思われることが大事かも」(20代女性)というように、堅実な努力家であることが多い長男は、「けなげな女性」に弱いようです。料理など家庭的なスキルを求める男性であれば、そこを頑張ると将来の奥さん候補として意識させられるでしょう。

個性がわかりやすいからこそ、ある意味で攻略しやすいのが長男の特徴かもしれません。存分に頼って甘えましょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計436名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock