男性ウケ良し!癒し系LINEスタンプ9パターン


スタンプはLINEならではの感情表現ツール。気に入ったものを何気なく使ってしまいがちですが、男性にウケるかどうかはさまざまのようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性149名に聞いたアンケートを参考に「男性ウケ良し!癒し系LINEスタンプ」をご紹介します。

  • 【1】「お疲れ!」というセリフ付きのかわいい絵柄のスタンプ

    「仕事帰りに送られてきたりすると、ホッとする」(20代男性)というように、労をねぎらうセリフ入りのスタンプは、働く男性からのウケがいいようです。いろいろな種類の絵柄を用意しておくと、シーンに合わせてテイストを変えられて便利でしょう。

  • 【2】「まだかな?」と柱の陰からキャラクターが様子をうかがうスタンプ

    「既読スルーしちゃってたときとか『悪いことした!』と思う」(10代男性)というように、キャラクターが物陰からこちらを見ているスタンプは、返信を催促する際に使えそうです。「返事して」などと文字で送る前に、スタンプを送って反応を見てはいかがでしょうか。

  • 【3】ハートの絵柄がドキドキするように動くスタンプ

    「好かれてるのかな、と期待してしまう」(20代男性)というように、メールの絵文字の場合と同じく、ハートの絵柄は男性に淡い期待を抱かせるようです。暗に好意を伝える絵柄なので、その意図がなければ送らないほうがいいでしょう。

  • 【4】「ファイト!」とキャラクターが笑顔でエールを送るスタンプ

    「試験勉強のときに癒されました」(10代男性)というように、何かを頑張っている男性には、ストレートな励ましのセリフが入ったスタンプを送ると良さそうです。「試験頑張って」「残業お疲れさま」など一言添えると、さらにグッとくるLINEになるのではないでしょうか。

  • 【5】「ほんまに!?」など方言がユーモラスなスタンプ

    「本人の話口調と同じで笑ってしまった」(20代男性)というように、出身地の方言をデフォルメしたようなスタンプは、男性の笑いを誘うようです。「楽しい子だな」と印象づける意味でも、効果的ではないでしょうか。

  • 【6】「寝れないよ」などのメッセージを脱力系漫画で伝えるスタンプ

    「明るい感じがするから、面倒くさく感じない」(20代男性)というように、夜中のメッセージは精神的に重たいものですが、クスリと笑えるスタンプと一緒に送れば深刻さが和らぐようです。セリフとのギャップがある絵柄を探してみてはいかがでしょうか。

  • 【7】「またね」というセリフ付きのキスマークのスタンプ

    「ドキッとしました(笑)」(20代男性)というように、セクシーなキスマークのスタンプは、意識してもらいたい男性に送るとよさそうです。メッセージを終えるときなどに送ると、しばらく男性の中でドキドキ感が継続するかもしれません。

  • 【8】「寂しいな」と動物のキャラクターがいじけているスタンプ

    「女の子っぽくてかわいい」(10代男性)というように、切ない女心を表すようなスタンプは、男性の心をわしづかみにするようです。ただし、毎回送っていると「構ってちゃん」疑惑が浮上するので、ほどほどにしておいたほうがいいでしょう。

  • 【9】本人とよく似たキャラクターのスタンプ

    「似てると、本人が言ってるみたいで笑える」(20代男性)というように、自分に似たキャラを見つけられると、スタンプの効果は倍増するようです。「友達に似てるって言われたんだけど」などと前置きしてから送ると、刷り込み効果も働くかもしれません。

王道のかわいいスタンプから、ちょっと笑えるスタンプまで幅広く取り揃えておくことで、効果的な使い方ができそうです。デフォルトのものしか使っていない人は、この機にスタンプショップをのぞいてみましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計149名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock