じれったい…!!奥手な男性から告白を引き出す一言9パターン


「決定的な一言は男性から言ってほしい」と思う女性は多いもの。何度デートしても告白をしてくれない奥手なカレの背中を押すには、どんなセリフが有効でしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性436名に聞いたアンケートを参考に、「じれったい…!!奥手な男性から告白を引き出す一言」をご紹介します。

  • 【1】満面の笑顔を向けて「あなたといるのが一番楽しいよ」

    「ニコニコの笑顔を見せて安心させる」(10代女性)というように、自信のないタイプの男性には、「一緒にいると楽しい」という言葉をハッキリ口にするのが効果的なようです。デート中ならいつでも自然に言えるセリフなので、何度も繰り返して勇気を引き出しましょう。

  • 【2】ケジメをつけたい性格だと断って「ハッキリしないことは苦手なの」

    「これでもはぐらかすようなら、多分本気じゃない」(10代女性)というように、あえてストレートな言葉で白黒つけることを求めるケースです。相手の愛情に確信を持てない場合や、あいまいにごまかされそうなときに使うと、決断を促せそうです。

  • 【3】もっと一緒にいたい気持ちを伝えて「またデートに誘ってくれる?」

    「こっちから『また会いたい』とにおわせば、次のデートで大体告白してくる」(10代女性)というように、次に向けて積極的な気持ちをかわいらしく口にすれば、男性に「告白待ち状態」であることが伝わるようです。デートの終わり際にお礼がてら言うのは、マナー的にも正しいでしょう。

  • 【4】周囲のカップルたちと見比べながら「私たちの関係って何なのかな?」

    「イベントデートに誘われたときがチャンス」(20代女性)というように、周りにカップルがたくさんいるシチュエーションで、二人の関係を確認するのもよさそうです。ただし、唐突すぎると男性が怯むので、「なんてね」と付け加えて、決心を固める時間を与えてあげましょう。

  • 【5】自分と付き合うメリットを冗談めかして「毎日肩もんであげるよ(笑)」

    「笑いながら言えば恥ずかしくないし」(10代女性)というように、友達のように気安い仲なら、冗談混じりで大胆に迫ってしまうのもひとつの方法のようです。笑い話の流れのなかで、それとなく本気っぽさが伝わるようにアピールするとよいでしょう。

  • 【6】ライバル登場の危機感を煽って「最近、別の男性に告白されて困ってるんだ」

    「嘘でもいいから相談すれば、相手の本心がわかる」(10代女性)というように、あえてライバルの存在をほのめかすのも効果的なようです。「どうすればいいと思う?」と聞くことで、相手も短期決戦を覚悟するでしょう。

  • 【7】好みのタイプを語って「男らしく告白してくれる人が好き」

    「本心だから、これでもダメな根性なしだったら冷める」(10代女性)というように、恋愛トークの流れで「理想の彼氏像」を語って、遠回しに告白を促す人もいます。真剣さが伝わるように、相手の目をじっと見ながら言ってみましょう。

  • 【8】本命がいるのを前提にして、「本当は彼女と来たかったんでしょ?」

    「定番のデートスポットで言えばバッチリはまる」(10代女性)というように、デートの最中に相手から「彼女なんていない」という言葉を引き出して、告白への流れを作る作戦です。「じゃあなんで私を誘ったの?」と続ければ、もはや男性に逃げ道はないでしょう。

  • 【9】少し遠い将来のイメージを尋ねて「5年後、私たちどうしてるかな?」

    「卒業シーズンの前とかだったら自然に言える」(10代女性)というように、将来をイメージさせることで、二人の今後のビジョンを考えさせる方法です。進学や就職などのタイミングであれば、極めて自然に告白を促せそうです。

告白はその後の信頼関係にも影響するもの。「私のこと好きなの?」と問い詰めるのは簡単ですが、できればうまくムードを作って自然に促したいところです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計436名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock