男性ドン引き!地味系女子の間違ったセックスアピール9パターン


今まで色仕掛けとは無縁だったために、意中の男子を前にして誤った色気の主張をしてしまう女性もいるようです。相手に幻滅されないためにも、今回は恋愛経験豊富な20代、30代の男性に聞いた「男性ドン引き!地味系女子の間違ったセックスアピール」をご紹介します。

  • 【1】やたらと服の露出が激しい

    「限度を超えると下品なビッチにしか見えない」(20代男性)と、肌が見える面積が大きければ大きいほど男性ウケがいいと思っている女性は引かれるようです。たとえば長袖のタイトめなニットセーターなどを着れば、清楚な雰囲気になりつつも胸の形があらわになるので、彼をムラムラさせられるかもしれません。

  • 【2】怖いほどにジッと見つめてくる

    「『なにか怒らせたかな…』と思ってしまう」(20代男性)など、視線を送りすぎると悪い意味で男性を勘違いさせてしまうようです。お酒の席などではトロンとした目で彼を見つめ、目が合ったときにニコッと微笑むと、爽やかなエッチっぽさを演出できるかもしれません。

  • 【3】「暑ーい」と言って服を脱ぎはじめる

    「本当に暖かい場所ならともかく、涼しいのに脱ごうとするから怪しすぎる」(20代男性)というように、「とりあえず薄着になればいい」という考えは捨てたほうがいいのかもしれません。脱ぐのではなく、トップスの裾を手でパタパタさせればお腹のあたりをチラ見せすることができ、絶妙に男性をそそらせることができるかもしれません。

  • 【4】谷間を作ろうとしてずっと腕組みをしている

    「ポーズが不自然ですよね」(30代男性)というように、無理に胸を強調しているとシラケてしまうという男性も。胸元が少し緩い服を着て、前に屈んだときに谷間が見えるハプニング的なエロさのほうが、男の人は「お、ラッキー」と思って興奮してくれるかもしれません。

  • 【5】「私、フェラが上手って言われるの!」とエッチテクをアピールする

    「あまりにもストレートに言われると冷める」(20代男性)などと、テクニックを自分から誇ったりしていると男性に幻滅されてしまうこともあるようです。彼とエッチな話になったときは「私が上手かどうか試してみる?(笑)」などと小悪魔的に聞くと、相手はドキッとするかもしれません。

  • 【6】ミニスカを履いて椅子に座っているとき何回も足を組み替える

    「あからさますぎて逆に視線を落としにくい」(30代男性)というように、ただ目のやり場に困るだけでセクシーさのかけらも感じないという男性も。ミニスカを穿いているときは足を固く閉じて上品に座るだけで、そのスカートの中身を妄想してしまう男性は多いのではないでしょうか。

  • 【7】自分の指についたソースなどをねっとりと舐めとる

    「なんか汚いとしか思えないです…」(30代男性)などと、妖艶な姿というよりマナーの悪さのほうが目立ってしまうようです。「彼の頬についたソースなどをさりげなく指で拭ってあげてからペロッと舐める」というようなシチュエーションならば、好感度が上がるうえにエロティックに見えるかもしれません。

  • 【8】飲み会で「夜風にあたりたいから二人で抜け出そう」と早々に提案してくる

    「とりあえず、しばらくは普通にみんなと飲んでたいのに(苦笑)」(20代男性)と、エッチをしようと焦りすぎな女性はドン引きされてしまうようです。宴会がお開きになる30分くらい前に言えば彼も誘いに乗りやすく、丁度いい酔い具合なのでお互いに本能をさらけ出せるエッチができるかもしれません。

  • 【9】強引に話を下ネタ方面へ持っていこうとする

    「女性のほうからノリノリでエロイ話をされるのはちょっと嫌」(20代男性)など、無理やりエッチな話題に持っていこうとすると引かれてしまうようです。「ファーストキスはいつ?」といった甘酸っぱい恋バナから始め、徐々に下ネタ方面へつなげていくと自然かもしれません。

あまりにもガツガツとした色仕掛けをすると男性にドン引きされてしまうようです。人にはそれぞれのキャラクターがあるもの。もし、自分がセクシーな女性とかけ離れているのなら、「清楚で大人しいのに下着は赤」のような、清純さとエッチな雰囲気のギャップで勝負してみるといいかもしれません。(A4studio)
Photo:All images by iStock