LINE嫌いの男性に「使ってみよう」と思わせる方法9パターン


簡単にやり取りできて、リアルタイムでつながれる「LINE」は、気になるカレとの距離を詰めるうえで有用な道具でしょう。しかし、なかには「LINEに抵抗がある」という男性も少なくないため、気軽に誘いにくい場合があるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性177名に聞いたアンケートを参考に、「LINE嫌いの男性に『使ってみよう』と思わせるには?」をご紹介します。

  • 【1】「使い方教えてあげるから、やってみよ?」と操作を教える

    「機械音痴でも大丈夫かも、という気になる」(20代男性)というように、スマホが苦手な男性に、LINEアプリの基本的な使い方をレクチャーしてあげるパターンです。「わからないときは私に聞いて」とサポート役を買って出れば、LINE外でも信頼関係が深まりそうです。

  • 【2】「今後はもっと気軽に連絡とりたいな」とLINEの気楽さを説明する

    「連絡なら電話かメールでいいじゃんと思ってた」(20代男性)というように、「何故わざわざLINEを使うのか?」という疑問にキチンと答えて、納得してもらうパターンです。LINEならではの「リアルタイム性」や「通話無料」を強調すると、メリットを理解してもらえそうです。

  • 【3】「既読スルーしても気にしないよ」と自分のスタンスを告げる

    「しがらみが嫌いだから、それが無ければやってもいい」(20代男性)というように、LINEで常時つながることに負担を感じる男性に、ゆるい使い方で大丈夫だと前置きするパターンです。「既読スルー」も余裕でOKだと告げれば、ハードルは低くなるでしょう。

  • 【4】「ゲーム一緒にやってみない?」とメッセージ機能以外の楽しさに触れる

    「協力プレイは結構楽しそうかも」(20代男性)というように、LINEで一緒に遊べるゲームに誘うパターンです。プレイ中の画面を見せて「お互いに手伝えるから一緒にやろ?」と促せば、ゲーム好きな男子は乗ってくるかもしれません。

  • 【5】「サークルOBでグループ作ろうよ」と仲間とつながる提案をする

    「飲み会の予定を立てたりするとき便利かも」(20代男性)というように、「グループ機能」をサークルなどの連絡網代わりに使うことを勧めるパターンです。個々にメールのやり取りをするより早いと説明すれば、合理性を重んじる男子にはわかってもらえそうです。

  • 【6】「私も詳しくないから一緒に始めよ?」と自分も初心者であることを強調する

    「二人で覚えていこうっていう誘いは魅力的」(20代男性)というように、慣れない初心者同士で一緒に使い始めることを提案するパターンです。LINEに出遅れた男性の疎外感を軽減するだけでなく、その後も特別な友達として意識してもらえそうです。

  • 【7】「こういう風に使うだけでいいんだよ」と自分のLINE画面を見せる

    「知識が全然ないから、ノリがわからないのが不安だった」(20代男性)というように、実際に友達とやり取りしている画面を見せることで、親しみを持ってもらうパターンです。ただし、サンプルに「ほかの男性とのやり取り」の画面だけは選ばないようにしましょう。

  • 【8】「相談に乗ってほしいことがあって」とやり取りの必要性を訴える

    「その人自身に興味があればやってみる」(20代男性)というように、個人的に連絡したいと強くお願いするパターンです。LINE云々より自分自身の魅力が問われますが、こまめに連絡したいと強調すれば、LINEを使う必然性は理解してもらえるでしょう。

  • 【9】「私とつながってくれないかな?」とストレートにお願いする

    「そんな風に言われたら、断る理由がない」(20代男性)というように、単純に「あなたとつながりたい」という気持ちを全面に押し出すパターンです。女性からまっすぐな好意を向けられて、嫌な気持ちになる男性はいません。シンプルながら成功率は高いでしょう。

「LINE嫌い」の男性も、最初のハードルさえ飛び越えさせてしまえばこっちもの。うまくその気にさせて、一気に距離を縮めましょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年9月9日から16日まで
対象:合計177名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock