男のツボを押しまくる!マイペースな猫系女子の特徴9パターン


女の子の魅力をたとえる動物として、「猫」はかなりポピュラーでしょう。つまり猫っぽい女の子の行動には、モテのヒントが隠されているのかもしれません。そこで今回は10代から20代の独身男性186名に聞いたアンケートを参考に「男のツボを押しまくる!マイペースな猫系女子の特徴」をご紹介いたします。

  • 【1】わざとそっけなくするなど、素直じゃない

    「ツンデレじゃないけど、いじらしい感じに萌えます」(20代男性)というように、感情表現がストレートではないところが男心をそそるようです。好みの男性の前でも、ときには興味がないフリをしたり、強がったりしてみたほうが、興味を引く場合がありそうです。

  • 【2】周りを気にせず、「自分が心地いいこと」を優先する

    「休み時間のたびに窓辺でボーっとしているところに惚れた」(10代男性)というように、人の視線よりも自分の気持ちよさを取る様子を猫っぽくていいと評価する声もあります。周囲の空気を読んで合わせるよりも、心穏やかにマイペースで過ごしたほうが、男性に安らぎを感じさせるのかもしれません。

  • 【3】人見知りのくせに、慣れると甘えん坊である

    「最初は借りてきた猫状態だったのに、今は膝に乗ってきそうなレベル」(20代男性)というように、初対面のときと心を許したときのギャップが激しい猫系女子に萌える男性もいます。「この人なら大丈夫」と見なした男性には、思いっきり自分をさらけ出してみるとよさそうです。

  • 【4】普段は気分屋なのに、ここぞというタイミングで空気を読む

    「このままだとあの子、置いていかれちゃう…と思ったら先にバスに乗っているみたいな」(20代男性)というように、自由奔放なのに重要な場面では流れに沿うところに、猫っぽい魅力を感じる男性もいるようです。普段はふざけていても、男性が真剣な話をしているときはマジメに耳を傾けるなど、態度にメリハリをつけましょう。

  • 【5】おっとりしていて、たまに存在感を消す

    「『あれ、いない!』と思ったら机につっぷして居眠りしていたり…(笑)」(10代男性)というように、不意に自分の気配を消す不思議キャラの猫系女子に、惹かれるケースです。意表を突いた行動で男性を翻弄したければ、神出鬼没な猫の生態を意識するといいでしょう。

  • 【6】寒がりで、すぐに手を繋ぎたがる

    「冷え症なんだろうとわかっていても、やっぱりドキドキします」(10代男性)というように、寒さをしのぎたいときに、いっそ物理的にくっついてしまえば、男性の恋愛スイッチを刺激できるかもしれません。膝に乗ってくる猫のように、柔らかな物腰で迫りましょう。

  • 【7】あまり人と群れず一人の時間を楽しめる

    「ずっと友達といる女の子には近づきにくいので、ぼっちのほうがいい」(20代男性)というように、単独行動が多い猫系女子には、声を掛けやすいイメージがあるようです。やたらと女の子同士で固まらず、いい意味で隙を見せたいところです。

  • 【8】気が付くとそばにベッタリくっついているなど、人の懐に飛び込むのがうまい

    「いつのまにか肩に寄りかかってくつろいだりしてて驚く」(20代男性)というように、すり寄ってくる猫さながらの急接近が、男性をなんともいえない気持ちにさせることもあるようです。気を許した相手には、思うがままに甘えてしまいましょう。

  • 【9】ボディタッチをしたと思ったら距離を取るなど、気まぐれに振る舞う

    「『どういうつもりなんだよ!』と思います」(20代男性)というように、くっついたり離れたりの想定外の行動が男心をわしづかみにするようです。「触れたいときだけ触れる」など、自分の気持ちを素直に行動で表すことで、上手に注意を引きましょう。

一口に「猫系女子」と言ってもその特徴はたくさんありますが、マイペースという点では共通しているようです。周囲に合わせるのが苦手な人は、自然体でいることを目指しましょう。(外山武史)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から17日まで
対象:合計186名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock