いつかは爆発!?彼氏に不満を抱かせる日々の些細な行動9パターン


たとえあなたに悪気がなくても、日常のちょっとしたことで彼氏にストレスを感じさせているとしたら、積もり積もって、やがて大爆発を招くおそれがあるでしょう。そこで今回は10代から20代の独身男性186名に聞いたアンケートを参考に「いつかは爆発!?彼氏に不満を抱かせる日々の些細な行動」をご紹介いたします。

  • 【1】占いなどスピリチュアルなネタを信じて彼氏を巻き添えにする

    「方位がどうとか、金星がどうとか…もう付き合いきれません」(20代男性)というように、自分だけが信じるならともかく、他人に独特の価値観を押し付けると、理不尽に思われるかもしれません。「星回りが悪いって言っているのに…」といったダメ出しは、たび重なると鬱陶しく思われそうなので、ほどほどにしておきましょう。

  • 【2】うれしそうに人の悪口や噂話を言う

    「僕の悪口も言っているんだろうなって思います」(20代男性)というように、身の回りのゴシップネタを披露しまくると、「自分も餌食にされているのでは?」と誤解を招く危険があります。「クスッ」と笑えるほのぼのネタならともかく、黒すぎる話は控えましょう。

  • 【3】「どうせ男には分からないと思うけれど」などと男性を敵視する

    「分かり合おうとしないところがムカつきます」(10代男性)というように、人それぞれ個性があるのに「男は○○だから」と一般化して、彼氏の怒りを買うパターンです。男女の違いを攻撃するのではなく、むしろ尊重することが平和なお付き合いにつながるのではないでしょうか。

  • 【4】自分の話はするのに、彼氏の話は聞かない

    「適当な相槌を返すと怒るのに、こっちが話しているときはスマホをいじっています」(20代男性)というように、会話中の態度の悪さも爆発の導火線になるようです。たとえ興味の持てない話であったとしても、露骨にスルーするのはマナー違反でしょう。

  • 【5】メールの返信を急かすくせに自分は平気で放置する

    「ちょっと勝手じゃない?と思ってしまいます」(20代男性)というように、相手を責めるわりに自分には甘いメールの使い方にイラッとしている男性もいます。自分が守れないことを相手に求めるのはアンフェアだと心得ましょう。

  • 【6】自分以外の男性と仲良くしすぎる

    「僕がほかの女の子といたらどう感じるか考えてほしいです」(20代男性)というように、親しい異性の存在も、彼氏の心を乱す原因になるようです。彼氏の前では、別の男性の話題を控えるだけでなく、SNSの写真のタグ付けなどもやめておいたほうが良さそうです。

  • 【7】面倒なことがあると、すぐに「私は女だから」と言い訳する

    「重い荷物を運ぶとかならともかく、電話番とか調べものまで『女の子はこういうの苦手だから』なんて人に押し付けて、ずるいですよね」(20代男性)というように、「女」を武器にした逃げ口上も、男性には不評のようです。とくにケンカ中は「女だから」をNGワードにしたほうがいいでしょう。

  • 【8】「ブラック企業だからやめなよ」と彼の会社をダメ出しする

    「『熱い仲間が集まる会社なのに、なんでそういうこと言うの?』って思います」(20代男性)というように、自分の職場を彼女にバカにされて、怒りを覚えるパターンです。ただし、心身ともに病むほどの激務なら、退職を勧めてあげたほうがいいかもしれません。

  • 【9】「これだから関西の男は…」などと出身地批判を繰り返す

    「『全関西人のために弁護せなっ!』っていう気持ちになります」(20代男性)というように、地元をコケにしたとも取られる言葉は、積み重なれば人間性の否定とも思われかねません。出身地だけでなく、顔や身長など「変えられないもの」をあげつらうのはやめておきましょう。

一度や二度なら許せても、それが続けばいつか「堪忍袋の緒が切れる」というもの。「私は大丈夫」と思っている人ほど、あらためて自分の言動を振り返ったほうがいいかもしれません。(外山武史)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から17日まで
対象:合計186名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock