本命の彼はチョコが苦手かも?バレンタイン前のチェック法9パターン


意中の相手がいれば、バレンタインにチョコレートを送りたい女性は多いはず。そんなとき気になるのは、その男性がチョコ好きかどうかということではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「本命の彼はチョコが苦手かも?バレンタイン前のチェック法」をご紹介します。

  • 【1】一緒に食事に行き、デザートを頼むか見る

    「甘党なら食後のデザートは必須だけど、苦手であれば絶対頼まないと思うので…」(20代女性)というように、一緒に食事をする機会は、相手の嗜好を発見する絶好のチャンスとなりそうです。自分からはスイーツに手を出しにくいという男性もいるので、「デザート頼みますけど、どうします?」とストレートに聞いてしまいましょう。

  • 【2】コーヒーにいくつ砂糖を入れるか確認する

    「甘い物がダメなら、当然ブラックだよね」(10代女性)というように、コーヒーの飲み方は甘い物好きかどうかを確認する手軽な手段といえそうです。外で一緒にコーヒーを飲む機会がなければ、缶コーヒーの選び方に注目してもいいでしょう。

  • 【3】好きな食べ物を聞いて傾向から察する

    「好物をいくつか挙げても甘いものが入ってこなければ、厳しいかなー(苦笑)」(20代女性)というように、直接甘い物の好き嫌いを問わなくても、十分ヒントは得られるようです。ただし、バレンタイン直前の時期だとそれでも不自然さが出てしまうので、少し前に聞いたほうがいいかもしれません。

  • 【4】飲み会で甘めのカクテルを勧めてみる

    「カクテルは相当甘いから、苦手な人は飲めないと思う」(20代女性)というように、飲み会の席でも食の好みを探ることができそうです。周りに合わせて消極的にビールを選ぶ男性もいるので、「一緒にカクテル飲みません?」と誘ってみてはいかがでしょうか。

  • 【5】お土産にチョコを買い、反応を見る

    「個包装のお菓子を渡してみて、すぐに食べないなら望み薄かな…」(20代女性)というように、お土産を渡して、リアクションから判断する人もいるようです。「忙しくて食べる暇がないだけ」という可能性も考えられるので、昼休みなど食べやすい環境が整った状態で渡しましょう。

  • 【6】残業中にコンビニスイーツを差し入れる

    「苦手な人なら、『甘い物ー?』とか文句言いそう」(10代女性)というように、嬉しいはずの差し入れに難色を示せば、「甘い物嫌い」と判断してもよさそうです。そうとわかれば、チョコ以外の気の利いたギフトを早めに探して、当日に備えましょう。

  • 【7】激辛料理に誘ってみる

    「辛い物好きと甘い物好きは両立できないと思う」(20代女性)というように、激辛メニューを受け入れる段階で、「甘い物はダメ」と考えてもいいかもしれません。カレーを食べる際に「辛口」を選ぶ人も、同じ理由で「甘党ではない」と判断していいでしょう。

  • 【8】よくお酒を飲むかどうかで判断する

    「酒好きは甘い物が苦手なイメージ」(20代女性)というように、「絶対」ではありませんが、お酒をよく飲む人は、総じて甘い物を苦手とする傾向にあるようです。勇気があれば、一度お酒に誘ってみてはいかがでしょうか。

  • 【9】人気のスイーツ店に誘ってみる

    「ダメな人は、どんなに人気のお店でも断るはず」(20代女性)というように、「甘い物が決定的にダメかどうか」を見極めるなら、話題のお店を持ち出すのも手です。いきなり誘うのが難しければ、「行ってみたいよね」などと話題を振るだけでもいいでしょう。

食にまつわるシーンでうまく話を振ると、直接聞かずとも「チョコが食べられるかどうか」を判断することができそうです。チョコを渡すことにこだわる必要はないので、フレキシブルに対応しましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から16日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock