二番目に好きな人と付き合うと長続きする!その理由9パターン


本命ではなく、「二番目に好きな人」と交際した結果、意外と長続きするケースは少なくないようです。二番手男性との恋がうまくいきやすいのは、いったいなぜなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「二番目に好きな人と付き合うと長続きする!その理由9パターン」をご紹介します。

  • 【1】恋に盲目にならずに冷静になれるから

    「自分がクールでいられる相手だとちょうどいいテンションで付き合える」(10代女性)というように、理性を失わずにいられる点を評価するパターンです。感情で突っ走って失敗するタイプの女性には、落ち着いて向き合える男性との交際が向いているのかもしれません。

  • 【2】必要以上に気を遣わずに自分をさらけ出せるから

    「大好きな彼が相手だと、嫌われたくなくて無理をしちゃいそう」(20代女性)など、ありのままの自分でいられる心地良さに浸る女性もいるようです。ただし、あまりにあけっぴろげだと百年の恋も冷めかねないので、加減には気をつけたいものです。

  • 【3】期待値が低い分イライラせずに済むから

    「理想を押し付けたりせずに、そのままの彼を受け入れられる」(20代女性)というように、はじめから期待していなかった分、ガッカリすることも少ないという考え方です。とはいえ、「最初から期待していない」という態度が露骨にならないように、言動には注意しましょう。

  • 【4】恋愛に溺れずに仕事や勉強にも集中できるから

    「入り込むとほかのことが見えなくなってしまう性格なので、相手への気持ちがほどほどなほうが、自分磨きにも精が出せる」(20代女性)など、恋愛以外のことにも目を向ける余裕が得られるという意見です。達成したい目標がある人には、「そこそこ好きな相手」との付き合いのほうが向いているかもしれません。

  • 【5】惚れた弱味がない分、優位に立てるから

    「彼はめちゃめちゃ私のことが好きなので、言いたいことは何でも言える(笑)」(20代女性)というように、相手の気持ちの方が強い分、強気に出られるという事情もあるようです。だからといって、あまりに居丈高な態度は禁物でしょう。

  • 【6】感情の起伏のないラクな付き合いができるから

    「本気で好きな人だと、ジェラシーを感じることもいっぱいあって疲れる」(10代女性)など、メンタルな面での負担の軽さを理由とする人もいます。浮気性の彼氏に手を焼いた経験のある女性は、次は「二番目」を選んでみるのも手でしょう。

  • 【7】この人なら自分を裏切らないという安心感があるから

    「万が一、浮気されても『ま、いっか』と思える程度のラブ度合なんで(笑)」(10代女性)というように、予想外のトラブルが起きた場合のダメージの小ささも、二番手男性の利点の一つかもしれません。とはいえ、思わぬダメージを蒙る場合もあり得ることは覚悟しておきましょう。

  • 【8】深入りせずにほどよい距離を保てるから

    「あまり干渉されるようなら、すぐ『さよなら』って言っちゃえばいい」(20代女性)など、お互いの内面に踏み込むような交際を望まない女性にも、あっさりとした関わりで済みそうな男性がちょうど良いかもしれません。ただし相手もドライな付き合いを望むとは限らないので、見極める必要があるでしょう。

  • 【9】実は本命がいるという「精神的な二股」のゾクゾク感が味わえるから

    「『ごめんね。本当に好きな人は別にいるの』という罪の意識があるからこそ、彼にもやさしくできる(笑)」(20代女性)というように、背徳感やスリルがたまらないという女性もいます。やめろとは言いませんが、彼氏にバレないように慎重に行動したほうが良さそうです。

二番目に好きな男性との交際には、ドキドキやヒリヒリするような昂揚感がない代わりに、ほっこりと安らげる独特の居心地の良さがあるようです。自分の恋愛パターンに照らして、検討してみてはいかがでしょうか。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から17日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock