バイト先の気になる男性と仲良くなるための積極的なアプローチ9パターン


バイト先の気になる先輩や同僚とどうにかお近づきになりたいってことありますよね。果たしてバイト恋愛の先輩女性はどんな工夫をしているのでしょうか。そこでオトメスゴレンの女性読者へのアンケートを参考に、「バイト先の気になる男性と仲良くなるための積極的なアプローチ」をご紹介いたします。

  • 【1】常に視線を送りながら目があった時に笑顔を見せる

    「視線をあわせて向こうにも自分を意識させる」(20代女性)というように、積極的に視線を送るアプローチ方法です。ただし、アイコンタクトだけで意思疎通し、連携プレーで仕事をこなせるほどになると、単なる「頼れる仕事仲間」止まりになる可能性もあります。

  • 【2】わからないことがあるとその人だけに業務を教えてもらう

    「積極的に話しかけることですよね。でもあまり無駄話しててもダメな子みたいになるので、話題は仕事中心」(10代女性)というように、仕事上わからないことを聞くアプローチ方法です。ただし、同じことを何度も聞くと覚えが悪いと呆れられる可能性もあるのでご注意ください。

  • 【3】相手のギャグに受けるフリをしてボディタッチする

    「相手のボケはちゃんと拾ってあげて、ボディタッチしつつ突っ込む」(10代女性)というように、過剰にリアクションをするアプローチ方法です。そもそもバイト先の男性が冗談を言ってくれるのは心を開いてくれている証拠。たまには冷たくあしらうなど緩急つけて笑顔で仲を深めていきましょう。

  • 【4】バイト終わりの時間をあわせて一緒に帰る

    「なかなか二人きりになれない職場だと帰り道を一緒にするしかない」(20代女性)というように、バイト上がりのタイミングをあわせるアプローチ方法です。帰る方向や交通手段があわない場合は、休憩時間や休憩場所をあわせて積極的に話しかけるのも手です。

  • 【5】仕事以外ではタメ口を使うなどくだけてギャップを見せる

    「一緒に帰る時や休憩時間など、あえてタメ口で話すと相手の本音も引き出せる」(20代女性)というように、ギャップで相手の懐に入るアプローチ方法です。どんなにくだけた雰囲気になっても仕事中は敬語や丁寧語に戻すなどメリハリを付けると効果的です。

  • 【6】「彼女いるんですか?」とプライベートなことを聞く

    「やっぱり興味ない人に『彼女いるんですか?』なんて聞きたくもないですし、相手に意識してもらうには手っ取り早い」(10代女性)というように、プライベートな質問でアプローチする方法です。「一人暮らしでいつも何食べてるんですか?」などの質問も良いでしょう。

  • 【7】「仕事で悩みがあるんですけど…」と相談にのってもらう

    「あなたは頼れる男性だと思ってる、と相手に伝わるのがいいんですよ」(20代女性)というように、仕事上の相談にのってもらうアプローチ方法です。あくまで二人きりになるためのきっかけなので、以後は相談のお礼をするなどスムーズに仲良くすることができるでしょう。

  • 【8】映画、食事など男性の話題に出てきたことを「いいなあ」とうらやましがる

    「仕事上の付き合いだけではなく、相手のプライベートにも興味を持ってますよという姿勢を見せる」(10代女性)というように、相手を持ち上げることでアプローチする方法です。うまくいけば「今度一緒に行く?」というお誘いを引き出すこともできるかもしれません。

  • 【9】勤務シフトや休みをさりげなくかぶせる

    「平日休みとかなら、相手も自分も暇なのでもしかしたらデートに誘ってくれるかもしれない」(20代女性)というように、勤務シフトを相手にあわせるアプローチ方法です。「あれ、休み一緒じゃないですかー。私暇なんですよね」とアピールするのも有効でしょう。

「バイト先の気になる男性と仲良くなるための積極的なアプローチ」には、ほかにはどんなものがあると思いますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)
Photo:All images by iStock