連絡先を聞かれたとき「自意識過剰では?」と思われる対応9パターン


合コンやパーティなど、男性と連絡先を交換する機会は意外に多いもの。初対面の人に個人情報を教えるのは不安に感じますが、だからといってガードを堅くし過ぎると、「自意識過剰」だと思われてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性469名に聞いたアンケートを参考に「連絡先を聞かれたとき『自意識過剰では?』と思われる対応」をご紹介します。

  • 【1】「教えてもいいけど、どうしようかな」とじらす

    「『みんなに聞いてるのに、なに一人だけお高くとまってんの?』とも言えず…」(20代男性)というように、教えるべきか判断に迷ってまごつくと、ヘンに誤解されてしまうようです。場の雰囲気によっては、サラッと受け流すのが正解の場合もあるでしょう。

  • 【2】「どうして!?なにに使うんですか!?」とやたらと不審がる

    「そんなに怪しい男に見えるのか…と若干傷つきました」(20代男性)というように、自分を守るためとはいえ、露骨に相手を疑うのは失礼でしょう。それとなく話を引き延ばして、男性をもっと知ってから、どうするか決めるとよさそうです。

  • 【3】「ほんとは連絡するつもりないでしょ?」と核心を突く

    「かわいいなと思ってたけど、厳しいことを言われて一気に冷めた」(10代男性)というように、社交辞令が嫌いだからといって、ストレートに本音をぶつけるのは考えものかもしれません。ただし、率直な物言いが好きな男性には、逆に好感を持たれる可能性もあるでしょう。

  • 【4】「もしもまた会えたら、そのときに…」ともったいつける

    「『再会できたら運命』みたいな、期待をあおる感じが鼻につく」(20代男性)というように、スマートな切り返しも、ときにイヤミな印象を与えてしまうようです。「来週の会合も出ます?」などと具体的な話を添えれば、自然な形で次回に持ち越せるでしょう。

  • 【5】「電話番号だと怖いから、LINEでいい?」とあからさまに警戒する

    「わざわざ『気を許したわけじゃありません』と宣言するような言い方しなくても…」(10代男性)というように、表現ひとつで相手をムッとさせてしまったケースです。「LINEのほうが連絡しやすい」などの前向きな言い回しなら、真意を悟られずに済みそうです。

  • 【6】「忙しくて、返信とかあまりできませんけど」と断りを入れる

    「こっちが乗り気だと踏んで予防線を張ったんだろうけど、勘違いもいいところ!」(20代男性)というように、「連絡をくれても無駄」だとほのめかすのは、先走り過ぎかもしれません。その場は無難に収めて、事が起きたときに対処しても遅くはないでしょう。

  • 【7】「ごめんなさい、彼氏がいるので…」と聞かれてもいないのに強調する

    「『彼氏思いだね』と返事したけど、別に狙ってねーし!とカチンときた」(10代男性)というように、口説かれているかのように振る舞うと、「うぬぼれるな!」とイラッとされそうです。とはいえ、男性がしつこい場合には有効なセリフでしょう。

  • 【8】「ほかの人には内緒にしてくださいよ!」と何度も念を押す

    「お前のメアドは機密事項か…と呆れてしまった」(20代男性)というように、情報漏れを気にし過ぎると、面倒な奴だと思われそうです。どうしても心配なら、こういうときのために「捨てメールアドレス」を取得しておくという手もあるでしょう。

  • 【9】「あー、今日スマホ忘れちゃったんですよー」と見え透いた嘘をつく

    「『あんたなんかに教えるか』と言われてるようで、かなりムカつく!」(10代男性)というように、拒絶の意志がありありと伝わるような態度は、不評を買うでしょう。自分の連絡先は教えないにしても、相手の情報を聞いておくくらいの気遣いは見せたいところです。

用心しつつも、表向きはフレンドリーに振る舞ったほうがよさそうです。印象をよくしておけば、出会いの可能性が広がるかもしれません。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年4月26日から5月3日まで
対象:合計469名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock