LINE嫌いな男子から「面倒!」と思われる絡み方9パターン


LINEは便利な連絡ツールですが、「嫌いだ」と公言する男性もいます。そもそも良いイメージを持っていない男性から「面倒くさい」と思われないためには、どんな心がけが必要でしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性244名に聞いたアンケートを参考に「LINE嫌いな男子から『面倒!』と思われる絡み方」をご紹介します。

  • 【1】「ヒマー」など明らかに時間つぶし目的で接触する

    「暇つぶしに使われるのは本気で腹が立つ」(20代男性)というように、手軽なツールだからといって、用もなく「メッセージ交換目的のメッセージ」を送るのは不評なようです。手持ちぶさたを悟られたくなければ、「急に時間が空いたから今から遊ばない?」などと問いかける形をとるといいでしょう。

  • 【2】突然スタンプだけを連打する

    「そういうやり取りをしないから反応に困る」(20代男性)というように、スタンプで気持ちを表現することに慣れていない男性は、何度もスタンプが送られてくる状況に動揺するようです。短文でもメッセージを送ってからであれば、困らせることもないでしょう。

  • 【3】「起きてる?」と真夜中に絡みたがる

    「常識的に考えて夜中はナシでしょ」(20代男性)というように、遅い時間にメッセージを送ると非常識だと思われるようです。緊急の用件でもないかぎり、朝になってからメッセージを送ったほうが好印象ではないでしょうか。

  • 【4】返信を待たずにどんどん新規メッセージを送り付ける

    「どんどん未読が溜まっていくのが怖い」(20代男性)というように、一方的にメッセージを送りつけると、男性に不要なプレッシャーを与えてしまうようです。「自分が見た美しい景色を共有したい」といった真意があるのなら、「返信いりません」と書き添えたほうがいいでしょう。

  • 【5】「今何してる?」など目的不明のアプローチをする

    「それ聞いてどうしたいんだろう…」(20代男性)というように、メッセージの意図が明確でないと、自分に不都合な展開になるのを恐れて返信を戸惑う男子もいるようです。「相談したいことがあるんだけど」などと前置きをして、男性の不安を取り除いてあげましょう。

  • 【6】「死にたくなっちゃった」などと構ってちゃん全開で迫る

    「一番面倒くさい展開(苦笑)」(20代男性)というように、精神的な不安定さが見て取れる内容のメッセージは、男性を心底うんざりさせてしまうようです。辛いとき、誰かに相手をしてもらいたくなる気持ちはわかりますが、恋を成就させたいならぐっと我慢しましょう。

  • 【7】わざと一文字ずつにわけて連投する

    「ブーブー鳴って鬱陶しい」(20代男性)というように、文字を小分けにして送ったときの見た目の楽しさは、相手に伝わらないこともあるようです。不快に思う人がいることを考えれば、普通の状態で送ったほうが賢明ではないでしょうか。

  • 【8】「早く返事してー」と頻繁に返信を催促する

    「LINEはただでさえ返信のプレッシャーがあるのに…」(20代男性)というように、返事をせっつくと相手の男性の「LINE嫌い」に拍車をかけることにもなりかねません。催促するほど急ぎの用事なら、いっそ電話をかけたほうが早いのではないでしょうか。

  • 【9】長文で重めの悩みを綴りまくる

    「見た瞬間『ウッ』となる」(20代男性)というように、改行が短いLINEでは普通のメッセージ以上に長く見えるため、深刻な内容だとなおさらげんなりさせてしまうかもしれません。せめて「聞いてほしいことがあるんだけど、LINEで送ってもいい?」などと確認をとってからにしてはいかがでしょうか。

LINE嫌いの男性とやり取りをするときは、普通の人以上に気遣いをする必要がありそうです。まずは、相手がどう感じるか想像するところからはじめましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から3日まで
対象:合計244名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock