男性が舐められると「超気持ちいい!」と感じる性感帯9パターン


女性と同じように男性にも全身に性感帯があるもの。では、どこをどのように舐めると感じてもらえるのでしょうか。彼にエッチで満足してもらうためにも今回は恋愛経験豊富な20代、30代の女性に聞いた「男性が舐められると『超気持ちいい!』と感じる性感帯9パターン」をご紹介します。

  • 【1】王道の「アソコ」

    「どんな人だって感じちゃうはず」(20代女性)と、気持ちよくならない男性はいないと言っても過言ではないほど、性器は鉄板の性感帯のようです。下のほうから上へとゆっくりねっとり舐めてあげると男性の快感が倍増するかもしれません。

  • 【2】吐息がたまらない「耳」

    「キスからの流れで舐めやすい」(20代女性)などと、特に耳の裏はツボが集中している場所なので感じやすく、自然に舐められる性感帯でもあるようです。耳たぶを吸い、少しチュパチュパと音を立て聴覚も刺激してあげると、さらに男性は興奮してしまうかもしれません。

  • 【3】抱きしめながら舐めると体温も感じる「うなじ」

    「不意打ちで舐めてあげると体がビクンってなる(笑)」(20代女性)と、首の後ろは舐められているところが見えないので、ドキドキ感との相乗効果で気持ちよく感じる性感帯のようです。後ろから抱きしめ、背中におっぱいを押し付けながらうなじを舐めると、より満足させることができるかもしれません。

  • 【4】アソコからも近い「うち太もも」

    「特に脚の付け根の部分が敏感」(30代女性)など、「もしかしたらアソコも舐めてくれるのかも」という期待が入り混じった快感を得られるようです。徐々に舌をアソコのほうへ這わせていき、到達する寸前で舐めるのをやめてじらしてみるといいかもしれません。

  • 【5】くすぐったさも混じった「わき」

    「こそばゆいのと気持ちいいのって紙一重だと思う」(20代女性)というように、血管が集まっているわきはとても敏感な性感帯のようです。わき毛が多くある場合は、そのぶん刺激が伝わりづらくなってしまうので少し強めに舐めてあげたほうが、男性も感じてくれるかもしれません。

  • 【6】性欲を刺激する場所と言われる「へそ」

    「彼がイった後、おへそあたりを舐めたらすぐに復活した」(20代女性)など、中国医学ではへその周辺は性欲を刺激する場所とされており、男性の精力もアップできる性感帯だと言われています。へそは皮膚が薄く傷つきやすいので優しく舐めてあげたほうがいいでしょう。

  • 【7】男性も感じる「乳首」

    「最初はあんまり感じてなかったけど、エッチを重ねるうちに開発できたみたい(笑)」(30代女性)と、女性と同じように男性も乳首を舌先で刺激されると気持ちいいようです。大きく円を描くように胸から乳輪を舐めて、その後に乳首を舌先で転がしてあげるといいかもしれません。

  • 【8】意外と舐められた経験のない男性が多い「アソコとお尻の穴の間」

    「やみつきになったみたいで、エッチの度に『舐めて』って言われる」(20代女性)など、「蟻の戸渡り」と呼ばれるこのスポットは非常に敏感な性感帯のようです。男性に仰向けになってもらいM字開脚のような恰好をさせ、両脚を持ち上げてもらうと舐めやすいかもしれません。

  • 【9】神経が敏感な「手の指」

    「疑似フェラみたいな感じで舐めてあげるとムラムラするみたい」(20代女性)と、見た目も色っぽく、女性の舌の感触と体温を感じやすい指を舐めてあげると気持ちよく感じるようです。お互いの指を舐めあってみるのもエロティックな感じがして、より一層興奮度が高まるかもしれません。

ほぼ、男性の性感帯は女性と変わらないのではないでしょうか。吸うなどの舐め方のテクニックも大切ではありますが、「あなたのことが愛しくてたまらない」といった気持ちが伝わるように全身を舐めてあげると、彼のエッチの満足度が高まり、愛情も深まるかもしれません。(A4studio)
Photo:All images by iStock