ノーマル男性を「M男」に開花させるメソッド9パターン


女性にS気質がある場合、エッチに対して普通の男性とベッドインしてもどこか物足りない気持ちになるでしょう。しかし、方法次第では男性のM気質を呼び起こせるようです。そこで今回は20代、30代の『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「ノーマル男性を『M男』に開花させるメソッド9パターン」をご紹介します。

  • 【1】エッチの最中はつねに体勢を上にして主導権を握る

    「上から攻めると男のM心をくすぐりやすい」(30代女性)など、基本的には上からのアプローチが効果的なようです。さらに「精神的にも見下すような視線」ができるようになると、男性のM的興奮要素を高めやすいという意見も。

  • 【2】キスのときに下唇を噛むなど少しずつ相手を支配していく

    「焦らずにゆっくりと時間をかけることが大切」(30代女性)など、一気に攻めるのではなくあくまで小出しに仕掛けることが重要という意見もありました。唇だけではなく「舐める箇所全てを甘噛みしていく」と、男性もこれまでにない快感を覚えM気質に目覚めやすくなるのかもしれません。

  • 【3】アソコとお尻周辺を同時に攻めて「恥ずかしいでしょ?」と羞恥心を覚えさせる

    「屈辱と快感を結びつけてあげると変身まで早い(笑)」(30代女性)など、股間周辺への非日常的なアプローチが効果的という意見もありました。「こんな格好を会社の人間に見られたらどうする?」など現実を織り交ぜたリアルな言葉責めも有効かもしれません。

  • 【4】つねに先手をとって相手の感じる部分を攻め続ける

    「エッチパートナーの性感帯を素早く見抜くことも大切」(30代女性)など、先手を取るために鋭い観察眼も必要という意見もありました。どんな体勢や体位からでも「男性のリードをあえて遮る」など主導権を渡さないこともポイントかもしれません。

  • 【5】「小さな声しか出せないんじゃ触ってあげないよ」とじらす

    「普通の音量でも『聞こえないよ!』といつも言い切ってます」(20代女性)など、声のボリュームとエッチをうまく組み合わせるという意見もありました。さらに「タメ口やめてくれる?」と言い、敬語を半強要させるなどすると、M男に覚醒させられるのかもしれません。

  • 【6】耳を舐めながら「いやらしいお汁が垂れてるよ」など卑猥な言葉をささやく

    「相手がブルブル震えて感じているようならコチラのもの」(20代女性)など、責めている最中の男性のリアクションにも注目なようです。「なんで垂れてるか言ってごらん?ほら早く!」とさらに責め立てるとM男への覚醒をいざなう近道になるかもしれません。

  • 【7】イキそうになるたびに手や腰の動きを止める

    「昇天するときは必ず直前に告げるよう最初に約束する」(30代女性)など、エッチ前に伏線を張っておくことがポイントという意見もありました。その後は「私のタイミングじゃないとイッちゃダメ!」と男性を調教するかのように進めていくことが重要かもしれません。

  • 【8】男性がイッたあとも油断させずに攻め続ける

    「果てたあとが一番敏感になっているから肝心ね!」(30代女性)など、普通なら終了の合図でも逆にここからがスタートという意見も。ポイントとしては「アソコが少し萎えていてもシゴき続ける」と新たな快感の世界を感じさせることができるようです。

  • 【9】冗談半分を装ってロウソクプレイをしてみる

    「最初は笑顔を作って徐々に真剣にやれば男性も感化されやすい」(30代女性)など、導入部分はあくまで茶目っ気を出すのがコツのようです。「マンネリエッチを打破するためだよ♪」という理由を付ければ男性もすんなり受け入れてくれるかもしれません。

S気質とM気質の最適なパートナーはなかなか見つけられるものではありませんが、周囲にいるノーマルな異性もM気質を隠し持っている可能性があるでしょう。とくにエッチの際に受け身に回りがちな男性はその確率が高いと言えるかもしれません。(東賢志/A4studio)
Photo:All images by iStock