恋するあまりやってしまったLINEの大失敗9パターン


好きな人とのLINEのやりとりは、とにかくワクワクするもの。しかし、恋する気持ちが強いと、力が入りすぎて逆に失敗することもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「恋するあまりやってしまったLINEの大失敗」をご紹介します。

  • 【1】ハートのスタンプを連打した

    「気持ちが盛り上がって、つい…」(20代女性)というように、好意を表現しようとするあまり、直接的すぎるスタンプを選択してしまったパターンです。ハートのスタンプはただでさえ意味的に重いので、連打するのはもちろん、頻繁に使うのも避けたほうがいいでしょう。

  • 【2】1スクロールで読めないほどの長文を送った

    「書きたいことがありすぎて困る」(20代女性)というように、好きな男性にはいろいろ伝えたくて、つい気合いの入りすぎたメッセージを送ってしまう人もいるようです。1回ですべてを伝えようとせず、長いやり取りで小出しにしていったほうが、お互いの距離も近付くのではないでしょうか。

  • 【3】真夜中でも早朝でも即レスを繰り返した

    「頑張ったのに、逆に怖がられた(苦笑)」(20代女性)というように、毎回即レスをすると、「メッセージを楽しみにしている事実」を深刻に受け止められてしまうかもしれません。必死さに引かれるおそれもあるので、ムリのない範囲で普通に返信するように心がけましょう。

  • 【4】女友達に送るつもりの恋愛相談を誤送信した

    「『メール来たー!!』とか、友達に送るつもりのメッセージをうっかり本人に送って撃沈」(10代女性)というように、意中の相手からのメッセージにテンションが上がって、送信先を間違える人もいるようです。タイミングによって、違う相手にメッセージを送ってしまう不可抗力もあるので、プッシュ通知からの返信には特に気を付けましょう。

  • 【5】返信文を推敲しすぎて既読スルーだと誤解された

    「悩みすぎて、結果失礼なヤツになっちゃった」(20代女性)というように、返信文を考えすぎて寝かせると、そのプロセスを知らない相手には単に「返信の遅い人」だと思われてしまうようです。誤字脱字さえなければ、スピード重視で返したほうが好印象ではないでしょうか。

  • 【6】返信が来るまで何度もメッセージを連投した

    「『気づいてないだけかも』とか思ってしつこくしちゃった」(20代女性)というように、返事ほしさから催促のようにメッセージを送ってしまい、後悔する人もいるようです。仕事の都合などで返信が遅れる場合もあるので、気長に待つことを覚えましょう。

  • 【7】嬉しくてツーショット写真をプロフ写真にした

    「『恥ずかしいからやめて』って言われた…」(20代女性)というように、親しさをアピールするかのような行為は、男性に嫌がられる可能性がありそうです。せめて「よく撮れてるからプロフに使っていい?」などと、了承をとってからアップするようにしましょう。

  • 【8】即レスしようとするあまり誤字脱字だらけになった

    「焦って文が滅茶苦茶に!」(10代女性)というように、「早く返さなくては」という思いから、肝心の文面への注意力が散漫になるケースです。いくら早く返事をしても、内容が伝わらなければ意味がないので、舞い上がりがちな人ほど送信前に見直す心の余裕を持ちましょう。

  • 【9】勢いあまってうっかり告白してしまった

    「どうしてあんなことしちゃったんだろう…」(20代女性)というように、メッセージを交換するうちに気持ちが高ぶり、愛の告白をしてしまう人もいるようです。手軽なLINEでの告白は、どうしても軽く捉えられがちなので、本気のときほど避けたほうが賢明でしょう。

良かれと思ってした行動が、LINEでの失敗につながることもあるようです。「後悔先に立たず」という言葉を肝に銘じて、うかつな行動をしないように気を付けましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年4月26日から5月3日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock