奥手な男性からの遠回しな「脈ありサイン」9パターン


奥手な男性からの「脈ありサイン」は、控えめすぎて気づきにくいもの。せっかくの好意をみすみす見逃してしまうのを防ぐためには、女性の側が敏感に察知する必要があるでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「奥手な男性からの遠回しな『脈ありサイン』」をご紹介します。

  • 【1】そっけない内容だが、マメにメッセージをくれる

    「どうでもいい人には連絡すらしないだろうし、毎日のようにくれるのは関心がある証拠」(10代女性)というように、頻繁にコンタクトを取りたがるのは、自分への好意の表れだと考えられそうです。少し踏み込んだ内容を返信して、相手の出方を待ってみましょう。

  • 【2】ふと気がつくと、目線が自分に向いている

    「尋常でなく目が合うから見つめ返したら、相手の顔がみるみる真っ赤に!」(20代女性)というように、頻繁に視線を感じるのは「脈あり」の典型でしょう。ただし、奥手な男性の場合はそこからの進展が遅そうなので、こちらから声を掛けたほうがよさそうです。

  • 【3】LINEのやりとりが終わりそうになるたびに、新規の質問をぶち上げる

    「私が逆の立場でも、好きな人とのLINEは延々続けようとすると思う」(10代女性)というように、やりとりをやめようとしないのも、サインのひとつかもしれません。「電話にする?」などと提案して嬉しそうな返事が返ってきたら、確信を深めてもいいでしょう。

  • 【4】自分にだけ「ばらまき系」以外の旅行土産をくれる

    「ほかの友人に『○○君のお土産、かわいいよね』と言ったら、『サラミが?』と怪訝な顔をされ、ハッとした」(10代女性)というように、特別扱いされたらピンときたほうがいいでしょう。周囲にわからないようにお礼を伝えると、気持ちが通じ合いそうです。

  • 【5】男性が語る「好きなタイプ」が、なんとなく自分とかぶる

    「『ショートカットで眼鏡で同郷の人がいい』と聞き、それ私じゃん!と確信」(10代女性)というように、好みを語るフリで遠回しにサインを送るパターンです。もし勘違いしたとしても、タイプであることには変わりないので、親密になれる可能性は十分あるでしょう。

  • 【6】具体的な誘いはないが、休日の予定をちょくちょく聞かれる

    「『休みの日は何してる?』と聞かれたので『彼氏とデート』と嘘ついたら、相手がフリーズした…」(20代女性)というように、たびたび予定を探られるなら、脈ありの公算は大きいでしょう。「彼氏もいないし暇だよ」と隙を見せ、誘ってくれるよう仕向けるのも手です。

  • 【7】「○○さんのそういうとこ、いいですね」とよく褒めてくれる

    「私の些細な言動をよく見ていて認めてくれる。思いやりを感じます」(20代女性)というように、自分に対してつねに好意的な意見を述べてくれる人には、期待できそうです。とはいえ、単に誰にでも優しい「いい人」かもしれないので、早合点は禁物でしょう。

  • 【8】「駅まで一緒に行きましょう」などと二人きりになりたがる

    「飲み会で隣に陣取ったり、慌ててエレベーターに同乗したり。私と話す機会を作ろうとしてる?」(20代女性)というように、ことあるごとに関わろうとする男性は、親しくなるきっかけを待っているのかもしれません。快く応じてあげたら、一気に距離を縮められそうです。

  • 【9】自分が困っているときに、なにかと手助けしてくれる

    「いつのまにかそばにいて『手伝うよ』と言ってくれた人がいて、それがいまの彼氏」(10代女性)というように、言葉でうまく言えない代わりに、行動で示す男性もいます。もし「脈ありサイン」でなかったとしても、親切をお返ししあううちに恋が芽生えるかもしれません。

奥手な男性からのサインは、友情か恋愛感情かの判断がしづらそうです。まんざらでもない相手なら、こちらからわかりやすい意思表示をしてもいいかもしれません。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年6月3日から5日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock